コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンタイン市場 ベンタインいちば

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベンタインいちば【ベンタイン市場】

ベトナム南部のホーチミン市(かつての南ベトナムの首都サイゴン)の市街中心部にある市場。ビンタイ市場とともにホーチミン市を代表する最大規模のマーケットである。1914年にフランス人によって造られた。約1万m2の敷地の迷路のような通路に1000以上の店が並び、食品、花、雑貨、家電、化粧品、食器、貴金属を売る店から、食堂や屋台、病院などの医療施設までがある。観光客にも人気のスポットになっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベンタイン‐いちば【ベンタイン市場】

Cho Ben Thanh》ベトナム南部の都市ホーチミンの市街中心部にある市場。1914年に開設。食料品、衣料品、生活雑貨などを扱う1000以上の店が集まり、周辺の通りには屋台が並ぶ。ホーチミン最大の市場として知られ、多くの市民や観光客が訪れる。ベンタン市場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ベンタイン市場の関連キーワードホー・チ・ミン(ベトナム南部の特別市)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベンタイン市場の関連情報