コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンチャーキャピタル べんちゃーきゃぴたる

8件 の用語解説(ベンチャーキャピタルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ベンチャーキャピタル

「Venture Business=ベンチャー事業」に、「Capital=資本」を供給することを主たる業務とする組織・会社を指す。一般的に創業まもないベンチャー事業においては、担保力が不十分で銀行融資等では満足のいく資金調達ができないが、資金提供する資本家・通称エンジェルに対して、その種の新興企業株式公開に導き、将来的に利益を供与できることを説明、資本の提供をしてもらう。また、上場によってその種の企業の資産価値を上昇させることを目的としている。そこで「ベンチャーキャピタル」からの資本導入は有力な資金調達手段となってきている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ベンチャーキャピタル

同じファイナンスをつける場合でも、ベンチャー企業中小企業とでは、その性格上、手法が違ってくる。一定の規模と社会的評価が備わった中小企業には成長性より安定性が重要で、資金調達には間接金融が適している。一方、ベンチャービジネスは経営体としては未熟ながら、将来有望な技術、ノウハウソフトを持っているので、リスクが大きいものの急成長が見込める。よって、株式公開やM&A(合併・買収)で資金を回収する直接金融望ましい。そうしたニーズに応えた、成長の可能性が高いベンチャービジネスに対する投資を主な業務とする企業を、ベンチャーキャピタル(VC)といい、投資先のベンチャービジネスが成功し、株式を公開して得られるキャピタルゲイン(有価証券売却益)を主な収益源とする。

(竹内文則 富士常葉大学教授 / 森岡英樹 金融ジャーナリスト パラゲイト・コンサルタンツシニア・リサーチ・アソシエイツ / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベンチャー‐キャピタル(venture capital)

ベンチャービジネスが発行する株式への投資などによって資金を提供する企業または機関。株式の上場による値上がり益を主たる収益源とする。VC。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

ベンチャーキャピタル

新しい技術や独創的なアイデアで市場を切り開こうとする新興企業(ベンチャー企業)に資金を提供する機関。独自の基準で新興企業の将来性を評価し、株式の取得を通じて資金面で事業拡大をサポートする一方で、数年後株式市場に上場した際には値上がり益を取ることを目的としている。成功すれば多額の値上がり益を享受できる一方で、投資先企業の中には上場にいたらず投下資金の回収が不可能になるケースも多く、投資先選定にあたっては高度の専門性が要求される。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

ベンチャーキャピタル

公開していないベンチャー企業等に出資する投資会社のことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

ベンチャーキャピタル

未公開のベンチャー企業等に出資する投資会社のこと。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

ベンチャーキャピタル

「ベンチャーキャピタル」とはベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社。株式未上場、未登録の創業間もないベンチャー企業に出資(株式の取得)し、その企業の事業が成功し、株式公開した際に得られる利益(キャピタルゲイン)を収入としている。経済産業省が開設した大学発ベンチャー支援サイト(http://dnd.rieti.go.jp/)でも、資金調達の分野で「ベンチャーキャピタル」の参加が見受けられる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ベンチャーキャピタル【venture capital】

有望なベンチャー-ビジネスに対して、株式の取得などによって資金を提供する企業。また、提供される資本。株式公開時に得られるキャピタル-ゲインの獲得を目的としている。 VC 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベンチャーキャピタルの関連キーワードデットファイナンスVCインベントリーファイナンスファイナンシャルファイナンスイメージファイバー財政ファイナンスファイナンス・リース取引ストラクチャードファイナンス Structured Financeリファイナンス Refinance

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベンチャーキャピタルの関連情報