コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーア・ホーフマン Richard Beer‐Hofmann

世界大百科事典 第2版の解説

ベーア・ホーフマン【Richard Beer‐Hofmann】

1866‐1945
オーストリアの作家。1938年アメリカへ亡命,ニューヨークで死去した。親交のあったホフマンスタール,シュニッツラーと並んでウィーンの印象主義,ユーゲントシュティールを代表する存在。長編小説《ゲオルクの死》(1900)にその傾向が端的に現れており,ストーリーの発展を抑えてもっぱら主人公である〈私〉の気分,夢,回想,内省が様式化された装飾的な言語で語られている。【石丸 昭二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベーア・ホーフマンの関連キーワード7月11日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android