コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーア・ホーフマン Richard Beer‐Hofmann

1件 の用語解説(ベーア・ホーフマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベーア・ホーフマン【Richard Beer‐Hofmann】

1866‐1945
オーストリアの作家。1938年アメリカへ亡命,ニューヨークで死去した。親交のあったホフマンスタールシュニッツラーと並んでウィーン印象主義,ユーゲントシュティールを代表する存在。長編小説ゲオルクの死》(1900)にその傾向が端的に現れており,ストーリーの発展を抑えてもっぱら主人公である〈私〉の気分,夢,回想,内省が様式化された装飾的な言語で語られている。【石丸 昭二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベーア・ホーフマンの関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題英学イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省池内蔵太海保漁村

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone