コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペシェル Oscar Ferdinand Peschel

世界大百科事典 第2版の解説

ペシェル【Oscar Ferdinand Peschel】

1826‐75
ドイツの地理学者。ドレスデンに生まれ,ハイデルベルク,ライプチヒ両大学で法律学を学ぶ,アリストテレス研究で学位を取得,48年アウクスブルクの新聞記者となる。54年以降,雑誌《海外事情》の編集に携わり,地理や民族について多くの記事を執筆するとともに,地理学史に関心を向け,《地理的発見時代》(1858),《地理学史》(1865)の著書に続いて,《比較地理学の新問題》(1869)などを公刊し,前代のC.リッターの地理学を批判し,地表形態の因果的把握を地理学研究の前面に位置づけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペシェル
ぺしぇる
Oskar F. Peschel
(1826―1875)

ドイツの地理学者。自然地理学、とくに近代地形学の基礎をつくった。リッターの目的論的考え方を批判し、大縮尺の地形図から類似の地形を抽出し、それぞれの地表形態について発生論的にその変化の様式を類推して、地形の特色・起源を明らかにし、地形学を近代科学の一員とさせた基礎をつくった。1871~1875年にライプツィヒ大学教授となる。すでに1854年には、地誌学・民族学雑誌の編集を担当していた。主著に、没後の1877~1881年に刊行された『地球科学の歴史』『地表形態研究としての比較地学の新しい問題』があり、さらに1879~1880年には「物理地学」の論文集が刊行されている。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペシェルの関連キーワードビダル・ド・ラ・ブラーシュJ.A. ル・ベルル・ベル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android