ペティナイフ(読み)ぺてぃないふ

大辞林 第三版の解説

ペティナイフ

フランス petit+ knife〕
小型の包丁。野菜の皮むきや面とりなどに用いる。ペテ-ナイフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ペティ‐ナイフ

〘名〙 (洋語petit+knife) 調理用の小型ナイフ。
※自由の彼方で(1953‐54)〈椎名麟三〉一「ペテナイフで、じゃがいもや玉葱をむきつづけていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のペティナイフの言及

【包丁(庖丁)】より

…刺身包丁は薄刃,細身のもので,先のとがったものととがっていないものとがあり,前者を柳刃,後者を蛸引(たこひき)と呼ぶ。洋風のものには,牛刀(ぎゆうとう)とも呼ぶ肉切包丁や,野菜の皮むきなどに用いるペティナイフがあり,パンやチーズを切る専用のものもある。なお,料理用以外にも薄刃の刃物で包丁と呼ぶものがある。…

※「ペティナイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペティナイフの関連情報