コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトラッシ ペトラッシ Petrassi, Goffredo

2件 の用語解説(ペトラッシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトラッシ
ペトラッシ
Petrassi, Goffredo

[生]1904.7.16. ローマ近郊ツァガローロ
[没]2003.3.2. ローマ
イタリアの作曲家。 1928~33年ローマのサンタ・チェチリア音楽院で作曲とオルガンを学ぶ。 1937年ベネチアラ・フェニーチェ劇場監督,1939年サンタ・チェチリア音楽院の教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトラッシ
ぺとらっし
Goffredo Petrassi
(1904―2003)

イタリアの作曲家。1928~33年ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で作曲、オルガンを学ぶ。39~59年母校で、59~74年アカデミア・サンタ・チェチーリアで教鞭(きょうべん)をとり、多くの優れた作曲家を育てる一方、世界各地で指揮および教育活動を行った。59年(昭和34)指揮者として来日している。彼の作品は、カゼッラの影響の下に、新古典主義的様式を出発点として、多彩な様式変化を示した。代表作は、『管弦楽パルティータ』(1932)、管弦楽のための『協奏曲第1~8番』(1934~72)、第二次世界大戦へのイタリアの参戦に関連して作曲された男性合唱と管弦楽のための『死者の合唱』(1941)、バレエ『狂えるオルランド』(1943)、カンタータ『暗い夜』(1951)など。とくに『暗い夜』以後、無調、十二音技法、セリー主義、無主題主義、点描法、多様な音色をとり入れた作品が目だった。このように、彼の作風はつねに革新を続けた。[寺田由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペトラッシの関連キーワードカリッシミサッキセウェルスローマンローマナイズローマ風呂ローマの泉ローマの祭ローマの噴水ローマの祭り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone