コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトラッシ Petrassi, Goffredo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトラッシ
Petrassi, Goffredo

[生]1904.7.16. ローマ近郊ツァガローロ
[没]2003.3.2. ローマ
イタリアの作曲家。 1928~33年ローマのサンタ・チェチリア音楽院で作曲とオルガンを学ぶ。 1937年ベネチアのラ・フェニーチェ劇場監督,1939年サンタ・チェチリア音楽院の教授に就任。 A.カゼラ,P.ヒンデミットの影響を受けながらイタリア的な歌謡性を特色とする曲を作曲。 1950年以降は 12音技法も用いる。おもな作品に合唱曲『死者の合唱』 (1940~41) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトラッシ
ぺとらっし
Goffredo Petrassi
(1904―2003)

イタリアの作曲家。1928~33年ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で作曲、オルガンを学ぶ。39~59年母校で、59~74年アカデミア・サンタ・チェチーリアで教鞭(きょうべん)をとり、多くの優れた作曲家を育てる一方、世界各地で指揮および教育活動を行った。59年(昭和34)指揮者として来日している。彼の作品は、カゼッラの影響の下に、新古典主義的様式を出発点として、多彩な様式変化を示した。代表作は、『管弦楽パルティータ』(1932)、管弦楽のための『協奏曲第1~8番』(1934~72)、第二次世界大戦へのイタリアの参戦に関連して作曲された男性合唱と管弦楽のための『死者の合唱』(1941)、バレエ『狂えるオルランド』(1943)、カンタータ『暗い夜』(1951)など。とくに『暗い夜』以後、無調、十二音技法、セリー主義、無主題主義、点描法、多様な音色をとり入れた作品が目だった。このように、彼の作風はつねに革新を続けた。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペトラッシの関連キーワードエンニオ モリコーネソルト ドゥルコーモリコーネ松平 頼則ドゥルコー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android