コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロポリス Petrópolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトロポリス
Petrópolis

ブラジル南東部,リオデジャネイロ州中部の都市。州都リオデジャネイロの北約 40km,マル山脈東部,オルガンス山脈中の谷にあり,標高約 810m。ブラジル皇帝ドン・ペドロ2世の援助のもとに,1845年ドイツ人移住者が建設,同皇帝の避暑地として発展。市名は同皇帝にちなむ。 94~1903年には同州の州都。現在も避暑地として知られ,市内にはカリオカ (リオの市民) の別荘が多い。帝政時代の豪華な邸宅や大聖堂なども残っていて,旧王宮は博物館となっている。リオから鉄道,道路が通じる。多様な工業が立地し,ペトロポリス・カトリカ大学 (1961) がある。人口 25万 5211 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペトロポリス(Petrópolis)

ブラジル南東部、リオデジャネイロ州の都市。州都リオデジャネイロの北約45キロメートル、オルガンス山脈の高地に位置する。標高約840メートル。古くから避暑地として知られ、ブラジル皇帝ペドロ2世が19世紀半ばに建てた離宮(現在は博物館)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロポリス【Petrópolis】

ブラジル南東部,リオ・デ・ジャネイロ州の山間都市。リオ・デ・ジャネイロ市の上流・中流市民の避暑地。エストレラ山脈の中にあり,リオ・デ・ジャネイロ市から約40kmの地点にある。標高813m。人口16万4849(1991)。1845年ドイツ移民が建設し,皇帝ペドロ2世の夏の離宮がおかれた。19世紀末には,一時リオ・デ・ジャネイロ州の州都となったこともある。帝政博物館Museu Imperialには,19世紀に2代にわたりブラジルを統治したブラガンサ家の遺宝が展示されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトロポリス
ぺとろぽりす
Petrpolis

ブラジル南東部、リオ・デ・ジャネイロ州にある都市。人口28万6537(2000)。リオ・デ・ジャネイロ市の北方66キロメートル、海岸山脈の一部をなすオルガンス山脈中の標高838メートルの高地に位置し、東方54キロメートルのテレゾポリスとともにリオ市民の代表的避暑地である。ドン・ペドロ2世の宮殿(インペリアル博物館)、航空機の父サントス・ドゥモンの旧家などの史跡や美しい山岳景観に富む。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペトロポリスの関連キーワードレオナルド ボフ汎アメリカ会議ブラガンサフォンセカ野田 良之ツワイクニテロイバルボザペッソアペーナ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android