コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペラム Pelham, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペラム
Pelham, Henry

[生]1696
[没]1754.3.6. ロンドン
イギリスの政治家。ニューカッスル (公) の弟。 1717年下院議員となり,R.ウォルポールの知遇を受け,21年大蔵総裁,24年陸軍長官,30年軍事支払総監を歴任。ウォルポールの没落後首相となり (1743~54) ,国王ジョージ2世の全面的信頼を受けていた国務相 J.カートレットを解任し,国王から嫌われていたピット (大) を総辞職も辞さないという決意のもとに軍事支払総監に登用,彼の登用により,政府は下院で多数派を確保することができた。オーストリア継承戦争四十五年の反乱鎮圧を指導し,戦後の平和維持と国家財政の改善 (陸海軍の定員の削減,外国君主への援助金の削減,地租の低減など) に尽力。巧みな議会操縦によってホイッグ党の政権を維持したが,同時に議席買収などの政治腐敗を進ませた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペラム

英国の政治家。初代ニューカッスル公の弟。1717年下院議員となり,ウォルポールに目をかけられて大蔵卿,陸相,陸海軍支払総監などの要職を歴任。ウォルポール引退後の1743年首相兼大蔵卿に就任してウォルポールの外交と財政政策を引き継ぎ,国務相の兄のニューカッスル公と協力して長期にわたるホイッグ政権を維持したが,在職中に死去。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペラム【Henry Pelham】

1696‐1754
イギリスの政治家。初代ニューカスル公の弟。1717年以降下院議員となり,ウォルポール政権の下で大蔵卿(1721),陸相(1724),陸海軍支払長官(1730)を歴任。42年ウォルポールが下野すると,翌年首相兼蔵相に就任してウォルポール時代の財政・外交政策を踏襲し,国務相の兄ニューカスル公と協力してホイッグ党長期支配を存続させた。在任中に病没した。【松浦 高嶺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ペラムの関連キーワードベッドフォード(伯・公家)バージニア・ミンストレルクレールフォンテーヌニューカッスル(公)ジョージ(2世)ジョージ[2世]リットン(男)ピット(大)リトルトンリットン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android