コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペラルゴニウム ペラルゴニウム 〈ラテン〉Pelargonium

6件 の用語解説(ペラルゴニウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペラルゴニウム(〈ラテン〉Pelargonium)

フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属)の植物の総称。多年草または低木。観賞用に栽培されるものは、ゼラニウムとよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペラルゴニウム

植物学上は,おもに南アフリカ原産のフウロソウ科の一属をさし,約250種がある。園芸的にはその中のペラルゴニウム・グランディフロルムなど数種の原種を19世紀にヨーロッパで交雑改良してできた園芸品種の総称であり,和名はナツザキテンジクアオイと称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペラルゴニウム【Pelargonium】

植物学的にはフウロソウ科テンジクアオイ属Pelargoniumの総称とされるが,かつてはフウロソウ属Geraniumとして扱われていたため,現在でも多くの園芸植物が旧学名のゼラニウムの名で呼ばれている。園芸上,ペラルゴニウムといわれるものは,この属の植物のうち,オオバナテンジクアオイP.grandiflorum Willd.やP.cucullatum Ait.,P.angulosum Ait.およびこれらを相互に交配し,改良した,Pdomesticum Bailleyなどの一群の栽培植物をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペラルゴニウム【Pelargonium】

フウロソウ科の小低木。南アフリカ原産の数種の交配による園芸品種。葉は心臓形。花は不整形の五弁花で、白・赤・紫色など多くの品種がある。夏天竺葵なつてんじくあおい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペラルゴニウム
ペラルゴニウム

ゼラニウム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペラルゴニウム
ぺらるごにうむ
[学]Pelargonium

フウロソウ科ペラルゴニウム(和名テンジクアオイ)属の総称。温室性の多年草または亜低木。今日、園芸上でペラルゴニウムというのは、南アフリカ喜望峰(きぼうほう)原産のP. grandiflorum Willd.を中心に数種の原種を交配、改良したものである。代表種であるナツザキテンジクアオイP. domensicum Baileyは、茎はよく分枝して茂り、高さ50センチメートル以上になる。葉は広心臓形または心臓形で、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。花径6センチメートル以上に及ぶ大輪系と約2.5センチメートルの小輪系があり、一花房に6~10個の花を開く。花色は黒赤、赤、緋赤(ひせき)、赤紫、紫、藤紫(ふじむらさき)、白色をもとにして覆輪や斑(ふ)入り、また上2弁と下3弁の色違いのものなど変化に富み、華やかである。開花期は日本では4月から梅雨期までであるが、雨に当たると花弁が傷むので、鉢植えやプランター植え、また品種によっては吊(つ)り鉢植えとし、ベランダなど直接雨に当たらないところで観賞するとよい。
 繁殖は挿木により、9月以降の涼しい時期にできるだけ早く行い、開花までに苗を大きく育てるようにする。排水のよい粗粒の用土を用い、4、5号鉢で育てる。越冬温度は5℃。開花の終わった苗は、一回り大きな鉢に移植し、大きく育てる。[山口美智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペラルゴニウムの言及

【ゼラニウム】より

…フウロソウ科の多年草(イラスト)。和名はテンジクアオイ。現在はテンジクアオイ属Pelargoniumとして分類されているが,園芸的には旧属名ゲラニウムGeraniumをそのまま使用している。一般にゼラニウムと呼ばれているものは,南アフリカ原産のモンテンジクアオイP.zonale L.を中心にP.inquinans Ait.などを交配して改良したもので,多くの系統,品種がある。草本質の半低木状となる耐寒性のない多年草で,浅い欠刻のある円状心臓形~腎臓形の葉をつけ,モンテンジクアオイの系統が強く出たものは,葉に褐色輪紋を現すことが多い。…

※「ペラルゴニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペラルゴニウムの関連キーワードアオイ(葵)ゼラニウムゼラニウム油テンジクアオイ天竺葵白山風露風露草アイビー‐ゼラニュームアイビーゼラニウムフウロソウ(風露草)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペラルゴニウムの関連情報