コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルツィヒ

3件 の用語解説(ペルツィヒの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ペルツィヒ

ドイツの建築家。ベルリン生れ。ドイツ各地で活動,1918年―1919年M.ラインハルトの依頼でベルリンに数千人を収容する大劇場を設計,表現主義建築の代表的存在となった。
→関連項目ドイツ工作連盟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルツィヒ【Hans Poelzig】

1869‐1936
ドイツの建築家。ベルリンに生まれ,学ぶ。官吏となり,はじめブレスラウで,のちにはベルリンで教師として多くの建築家を育てる。かたわら早くから設計を続け,ポーゼンの給水塔(1912),ルーバンの化学工場(1912),ベルリン大劇場(1919),ザルツブルクの祝典劇場案(1925)などを発表。ドイツ表現主義の代表的建築家とみなされる。ナチス政権樹立後,1933年トルコに招かれて公共建築の指導に当たるが,病を得てまもなく没する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルツィヒ
ぺるつぃひ
Hans Poelzig
(1869―1936)

ドイツの建築家。ベルリンに生まれ、同地で没。ベルリン工科大学に学ぶ。1900~16年ブレスラウ工芸学校建築科で教え、のち同校の校長となる。16~20年ドレスデン市土木監督官、19~21年ドイツ工作連盟議長、24~35年ベルリン工科大学教授を務めた。ポーゼンの給水塔(1911)、ブレスラウ(ブロツワフ)の商館(1911~12)などの単純で力強い量塊構造でドイツ近代都市建築に新風をおこし、のち表現主義的な様式に意欲を示した。とくに工業および演劇のための建築が注目される。そのほかの作品にベルリンの大劇場(1918~19)、フランクフルトのIG染色会社管理棟(1928~30)、ベルリン放送局(1929~30)がある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone