ペンタクロロフェノール

化学辞典 第2版「ペンタクロロフェノール」の解説

ペンタクロロフェノール
ペンタクロロフェノール
pentachlorophenol

C6HCl5O(266.34).略称PCPフェノール触媒の存在下に塩素化すると得られる.刺激臭のある白色の針状晶.融点191 ℃(無水物),174 ℃(一水和物),沸点309~310 ℃.1.978.pKa 8.2(メタノール).有機溶媒に易溶,水に不溶.木材防腐剤,農業用殺菌剤(果樹用)に用いられる.魚毒性が強いため,除草剤としての使用が規制されている特定化学物質.鼻,のどを刺激する.LD50 210 mg/kg(ラット経口).労働安全衛生法に規定があり,許容濃度0.5 ppm.[CAS 87-86-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ペンタクロロフェノール」の解説

ペンタクロロフェノール
ぺんたくろろふぇのーる
pentachlorophenol

フェノールの一つ。フェノールのベンゼン環上の水素原子をすべて塩素原子に置換したもの。PCPと略称する。弱いフェノール臭をもつ昇華性の無色の結晶。水に不溶、アルコール、ベンゼンに可溶。フェノールを鉄粉の触媒で塩素と反応させて製造する。水に不溶なので水溶性のナトリウム塩として用いる。殺菌作用が強く、農用殺菌剤、除草剤として用いられたが、魚毒性が高いので日本では現在使用されていない。

[加治有恒]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android