コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーア Pea, Enrico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーア
Pea, Enrico

[生]1881.10.29. セラベッツァ
[没]1958.8.11. フォルテデイマルミ
イタリアの詩人,小説家。早く両親を失い,種々の職業に従事したのち,エジプトアレクサンドリアに渡り,商業を営んだ。同地でイタリア人の文化サークルをつくり,ウンガレッティを知った。主著,散文詩集『モンティニョーソ』 Montignoso (1912) ,小説『エジプトでの生活』 Vita in Egitto (49) ,『広場の罪人たち』 Peccati in piazza (56) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーア
ぺーあ
Enrico Pea
(1881―1958)

イタリアの小説家、詩人、劇作家。トスカナ地方出身。少年時から種々の職業に従事する。15歳のときエジプトに渡り、同地で知った後年の大詩人ウンガレッティの斡旋(あっせん)により、1910年に処女短編集『寓話(ぐうわ)』を出版した。第一次世界大戦後に故郷に帰ってからは、自ら劇場を経営して民衆劇の再興にも情熱を傾けた。代表作は、幼年期の体験を基にした自伝的小説『モスカルディーノ』(1922)。[林 和宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペーアの関連キーワードファシズム建築10月29日3月19日シュペーア山梨光國若杉民

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android