コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウカンチョウ ホウカンチョウ

2件 の用語解説(ホウカンチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウカンチョウ
ホウカンチョウ

メスグロホウカンチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウカンチョウ
ほうかんちょう / 鳳冠鳥
curassow

鳥綱キジ目ホウカンチョウ科に属する鳥の総称。この科Cracidaeには約45種がある。北アメリカ南部から南アメリカ中部にかけて分布し、よく茂った湿潤な森林にすむ。全体的な外観はキジやシチメンチョウに似ており、嘴(くちばし)は丸くて短く、足は長くて頑丈である。全長45~90センチメートル。大形、中形、小形の3グループに大別でき、それぞれホウカンチョウ、シャクケイ、ヒメシャクケイあるいはチャチャラカとよばれる。羽色はキジ類のようにはでではなく、黒や茶からなっているものが多い。どの種も樹上性が強いが、大形種は地上で採食することが多く、小形種はおもに樹上で採食する。食物は木の実、草の種子、昆虫、カエルなどである。繁殖習性についてはよくわかっていないが、巣は樹上に小枝を集めてつくるらしい。樹上ではすばしこく動き回るが、飛翔(ひしょう)力はあまり強くない。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone