コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥) ホオダレムクドリ wattled bird

1件 の用語解説(ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホオダレムクドリ【ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥) wattled bird】

スズメ目ホオダレムクドリCollaeidaeの鳥の総称。またはそのうちの1種を指す。この科はニュージーランド特産で,3種からなり,そのうちの1種は絶滅した。3種の共通の特徴としてくちばしの基部によく目だつ小型の肉垂がある。このためホオダレムクドリと命名されているが,ムクドリ科の鳥にとくに近縁の鳥ではない。森林に生息しているが飛行力はかなり退行している。 ハシブトホオダレムクドリCallaeas cinerea(マオリ族の呼称はkokako)は全長約34cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)の関連キーワード家雀花鳥小椋鳥猿子入内雀椋鳥クエラクエラ木の葉鳥米食鳥

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone