コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥) ホオダレムクドリwattled bird

1件 の用語解説(ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホオダレムクドリ【ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥) wattled bird】

スズメ目ホオダレムクドリCollaeidaeの鳥の総称。またはそのうちの1種を指す。この科はニュージーランド特産で,3種からなり,そのうちの1種は絶滅した。3種の共通の特徴としてくちばしの基部によく目だつ小型の肉垂がある。このためホオダレムクドリと命名されているが,ムクドリ科の鳥にとくに近縁の鳥ではない。森林に生息しているが飛行力はかなり退行している。 ハシブトホオダレムクドリCallaeas cinerea(マオリ族の呼称はkokako)は全長約34cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone