コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシザメ

栄養・生化学辞典の解説

ホシザメ

 [Mustelus manazo].メジロザメ目トチザメ科の食用海産魚.1〜1.25mになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシザメ
ほしざめ / 星鮫
Japanese smoothhound
[学]Mustelus manazo

軟骨魚綱サメ目ドチザメ科に属する海水魚。南日本ではマブカとよぶ地方がある。北海道以南の日本各地、朝鮮半島、東シナ海、南シナ海などに分布する。第1背びれが腹びれと胸びれの間にあること、第1、第2背びれに棘(とげ)がないこと、歯が細かくて敷石状に配列し、各歯は丸いこと、体に小白色点があることなどが特徴である。いわゆる卵胎生で胎盤は形成されない。雄は65センチメートル、雌はほぼ3歳の70センチメートルで成熟し、母体の大きさで異なるが10尾弱の子を産む。妊娠期間は約10か月で、春に出産する。
 ホシザメ類には多くの種が知られているが、日本近海には本種のほかにシロザメM. griseusが分布する。ホシザメは体に小白色点をもつことで簡単にシロザメと識別可能であるが、老成したホシザメは白色点が不明瞭(ふめいりょう)になり、ときに消失する。しかし、ホシザメの上顎(じょうがく)口角部にある溝が、下顎のものより長いことで区別できる。肉は白身で、刺身、ぬたなどにされ、高級練り製品の原料ともなる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホシザメの関連キーワードフカの湯ざらしシロザメ軟骨魚類卵胎生胎生底魚

ホシザメの関連情報