ホモ・エコノミクス(英語表記)Homo Economicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモ・エコノミクス
homo economicus; economic man

経済人とも訳され,人間類型の一つを意味する。経済的合理性に徹し,自己の効用利得の極大化を目指し,他者の効用,利得を考慮に入れることがない。古典派,新古典派の別なく,標準的な経済理論でもっぱら採用されてきた仮設,あるいは公準。たとえば消費者行動の理論では,消費者は自己の効用と価格体系,それに所得水準のみをシグナルとして行動するとされており,他者の効用水準は考慮されていない。これに対して F.リストらに始るドイツの歴史派経済学は,そのような人間のとらえ方を批判したが,古典派が想定したのはあくまで方法論的仮設としてであり,現実の人間をそのように思考したわけではない。経済学におけるホモ・エコノミクスの方法論的性格は J.S.ミルによりはっきり自覚的に論じられるようになる。また経済的合理性に徹するとは,ただちに日本語でいう利己心に徹することと同義ではなく,A.マーシャルになると,この点もより配慮したうえで経済学の方法が論じられている。方法論的仮設としてのこの概念は,今日でもかなり用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のホモ・エコノミクスの言及

【経済人】より

…セルフ・インタレストの意味は,元来,自己に関連した事柄への関心ということであるが,それをせまく解釈すると私利私欲ということになる。私利私欲を専一とする人間,これが経済人つまりホモ・エコノミクスの最も一般的な定義である。このような人間観は,J.ベンサム流の功利主義の思想を経由し,さらにはW.S.ジェボンズに代表されるような快楽主義の思想から影響をうけて,物欲の充足を利己的に追求する人間という考え方をうみだした。…

※「ホモ・エコノミクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホモ・エコノミクスの関連情報