コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルネル症候群 ホルネルしょうこうぐん Horner's syndrome

2件 の用語解説(ホルネル症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルネル症候群
ホルネルしょうこうぐん
Horner's syndrome

J.ホルネル (1831~86) により 1869年に発見された症候群。 C.ベルナールによって 52年動物に,ホルネルによってヒトに発見されたもので,ベルナールホルネル症候群ともいう。瞳孔散大筋の麻痺による瞳孔の縮小,瞼板筋の麻痺による眼瞼裂の狭小 (上まぶたの下垂と下まぶたのわずかな上昇) ,眼窩内ミューラ筋の麻痺による眼球の陥没 (後退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホルネルしょうこうぐん【ホルネル症候群 Horner’s syndrome】

顔面を支配する交感神経系の障害により生じ,瞳孔縮小,眼瞼裂狭小,眼球陥凹を主徴とする症候群。そのほか患側の顔面の発汗障害などがみられることもある。1852年C.ベルナールによって動物で発見され,69年スイスの眼科医ホルナーJohann F.Horner(1831‐86)によってヒトにおける臨床所見の発表が行われた。顔面を支配する交感神経は,中枢である視床下部から出て脳幹,脊髄を下降し,第八頸髄から第二胸髄に存在する脊髄毛様中枢に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホルネル症候群の関連キーワード動眼神経交感神経系交感神経興奮剤副交感神経系副交感神経遮断薬免疫交感神経切除体性神経系交感神経系節後繊維交感神経系節前繊維副交感神経系の脳部

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone