コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルネル症候群 ホルネルしょうこうぐんHorner's syndrome

2件 の用語解説(ホルネル症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルネル症候群
ホルネルしょうこうぐん
Horner's syndrome

J.ホルネル (1831~86) により 1869年に発見された症候群。 C.ベルナールによって 52年動物に,ホルネルによってヒトに発見されたもので,ベルナールホルネル症候群ともいう。瞳孔散大筋の麻痺による瞳孔の縮小,瞼板筋の麻痺による眼瞼裂の狭小 (上まぶたの下垂と下まぶたのわずかな上昇) ,眼窩内ミューラ筋の麻痺による眼球の陥没 (後退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルネルしょうこうぐん【ホルネル症候群 Horner’s syndrome】

顔面を支配する交感神経系の障害により生じ,瞳孔縮小,眼瞼裂狭小,眼球陥凹を主徴とする症候群。そのほか患側の顔面の発汗障害などがみられることもある。1852年C.ベルナールによって動物で発見され,69年スイスの眼科医ホルナーJohann F.Horner(1831‐86)によってヒトにおける臨床所見の発表が行われた。顔面を支配する交感神経は,中枢である視床下部から出て脳幹,脊髄を下降し,第八頸髄から第二胸髄に存在する脊髄毛様中枢に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ホルネル症候群の関連キーワードゴローニンメイランペドロ帰国事業と日本人妻在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業荒木寛畝ガイアナ喜撰気比神宮ゲベール銃

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone