コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルネル症候群 ホルネルしょうこうぐんHorner's syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルネル症候群
ホルネルしょうこうぐん
Horner's syndrome

J.ホルネル (1831~86) により 1869年に発見された症候群。 C.ベルナールによって 52年動物に,ホルネルによってヒトに発見されたもので,ベルナール=ホルネル症候群ともいう。瞳孔散大筋の麻痺による瞳孔の縮小,瞼板筋の麻痺による眼瞼裂の狭小 (上まぶたの下垂と下まぶたのわずかな上昇) ,眼窩内ミューラ筋の麻痺による眼球の陥没 (後退。これは眼瞼裂の狭小による見かけの上のもの) を主症状とする。原因は甲状腺腫,動脈瘤,肺尖部結核,頸部外傷などによって眼球の諸組織を支配する交感神経が麻痺したことで,眼の症状のほかに,ほおの発赤や汗の減少などを伴う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルネルしょうこうぐん【ホルネル症候群 Horner’s syndrome】

顔面を支配する交感神経系の障害により生じ,瞳孔縮小,眼瞼裂狭小,眼球陥凹を主徴とする症候群。そのほか患側の顔面の発汗障害などがみられることもある。1852年C.ベルナールによって動物で発見され,69年スイスの眼科医ホルナーJohann F.Horner(1831‐86)によってヒトにおける臨床所見の発表が行われた。顔面を支配する交感神経は,中枢である視床下部から出て脳幹,脊髄を下降し,第八頸髄から第二胸髄に存在する脊髄毛様中枢に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホルネル症候群の関連キーワード頸部交感神経症候群パンコースト腫瘍延髄症候群縮瞳

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android