コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホングウシダ Lindsaea odorata Roxb.

2件 の用語解説(ホングウシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホングウシダ【Lindsaea odorata Roxb.】

山中の湿った岩上に群生するシダ植物ホングウシダ科の常緑性の小草本(イラスト)。根茎は短く横走し,光沢のある暗褐色で細い剛毛状の鱗片をつける。葉柄基部は赤褐色となり,根茎と同じ鱗片をつける。上部は薄茶色。葉面は1回羽状に分岐し,線状披針形,大きいものでは30cmに達する。羽片は三角状長楕円形,円頭から鈍頭,下側はほぼ一直線で,上側は直線からわずかに凸形となり,切れ込みがある。2~3本の脈端を連ねた連結脈に胞子囊がつき,包膜におおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホングウシダ
ほんぐうしだ / 本宮羊歯
[学]Lindsaea cultrata (Willd.) Sw.

イノモトソウ科の常緑性シダ。愛知県の本宮(ほんぐう)山で採集されたのでこの名がある。ニセホングウシダともいう。葉は幅の狭い1回羽状複葉で、先端に向かって細くなり、羽片は上側が平らな長三角形である。胞子嚢(のう)群は羽片の上縁に沿って数個つき、それぞれ上側に開いた包膜で覆われる。エダウチホングウシダL. chieniiは、羽片がさらに羽状に分かれる別種で常緑性。ともに伊豆半島以南の陰湿な山中にまれにみかける。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホングウシダの関連キーワード草本海虎の尾群生原糸体羊歯類水生羊歯蘚類溝羊歯角苔シダ(羊歯)係数

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone