コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボタンインコ Agapornis; lovebirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボタンインコ
Agapornis; lovebirds

インコ目インコ科ボタンインコ属の鳥の総称。9種からなり,全長 12~18cm。尾の短い小型のインコで,羽色は緑色を主色とし,頭,胸,尾には赤,青,黄,白,黒色などの部位がある。種名がボタンインコ A. lilianae のほかにキエリクロボタンインコ A. personatusコザクラインコなどがあり,いずれもアフリカに分布するが,日本にも飼鳥としてよく輸入される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボタンインコ
ぼたんいんこ / 牡丹鸚哥
lovebird

鳥綱オウム目オウム科ボタンインコ属に含まれる鳥の総称。この属Agapornisの仲間は9種があり、全長13~17センチメートルと小形で尾が短く、体は緑色であるが、顔部が赤、黄、黒など変化がある。アフリカに分布し、そのうち頭が灰白色のカルカヤインコはマダガスカル島に産する。一般に、水流に沿いアカシアなどの生えた開けた林から耕地にすみ、小群で行動するが、合して数十羽の採餌(さいじ)群ともなる。果実、木の実、とくにイチジク類を好むが、穀物を食べ地上採餌するものもある。巣は樹上のシロアリの巣に穿孔(せんこう)したり、樹木の洞や建物のすきま、シュウダンハタオリドリの巣を利用したりする。ボタンインコ、コザクラインコ、ハツハナインコなどがよく知られ、コザクラインコでは雌は巣材を羽毛の中に差し込んで運ぶが、種によって運搬法が違い、それによりグループ分けされる。雌雄は仲がよく、飼い鳥としてじょうぶで活発で、繁殖も容易で、多数をまとめて飼えるため愛玩(あいがん)される。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボタンインコの関連キーワードボタンインコ(牡丹鸚哥)キエリクロボタンインコカルカヤインコハツハナインコインコ(鳥)サトウチョウラブバード黒田長久

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android