ボブ ディラン(英語表記)Bob Dylan

20世紀西洋人名事典の解説

ボブ ディラン
Bob Dylan


1941.5.24 -
米国のシンガー・ソング・ライター。
ミネソタ州ダルース生まれ。
本名Robert〉 ロバート〈Zimmerman ジンマーマン
ミネソタ大学中退後ニューヨークに出てフォークソング運動に参加、「風に吹かれて」(1962年)、「戦争の親玉」(’63年)等反戦、反体制のプロテスト・ソングを発表し一世風靡。’65年「ミスター・タンブリンマン」でロックに転向、バイク事故で一時活動を中止するが60年代後半カントリー的なアコースティック・サウンドへと変わる。ビートルズと並び60年代のポピュラー・ミュージックに最大の影響を及ぼしたスーパー・スターである。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ボブ ディラン
Bob Dylan


国籍
米国

専門
シンガー・ソングライター

本名
Robert Allem〉 ロバート・アレン〈Zimmerman ツィマーマン

生年月日
1941/5/24

出生地
米国 ミネソタ州ダルース

学歴
ミネソタ大学中退

経歴
ユダヤ移民の子として生まれる。幼少時から音楽をはじめ、ハイスクールの頃にはエルビス・プレスリーらに影響されてロカビリーバンドを組んだ。15歳で初作曲。ウディ・ガスリーの自叙伝に感激し、終生のアイドルとする。1961年に大学を中退するとニューヨークに出てフォークソング運動に参加し、’62年「ボブ・ディラン」でレコードデビュー。やがて公民権運動が高まりを見せる中、「風に吹かれて」(’62年)、「戦争の親玉」「時代は変わる」(’63年)など、反戦・平和・平等といったメッセージ性の強いプロテスト・ソングによって学生層を中心に圧倒的な支持を集め、’60年代後半以降の日本のフォーク歌手にも大きな影響を与えた。’65年以降はビートルズら英国のミュージシャンらとも交流するようになり、次第にロックンロールに傾倒し、「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」「追憶のハイウェイ61」「ブロンド・オン・ブロンド」といったアルバムを発表。特に’65年にリリースしたシングル「ライク・ア・ローリング・ストーン」はシングルチャートの1位となるなど高く評価されたが、それまでのフォークソング路線を支持していた人たちからは非難もあった。絶頂期の’66年、ニューヨーク州ウッドストックの自宅付近でモーターバイク事故に遭ったのを機にすべての活動を中止し、休養とデモテープ作成に専念。’68年アルバム「ジョン・ウェズリー・ハーディング」を発表して復活し、’71年ジョージ・ハリソン、レオン・ラッセルらとバングラデシュ救済コンサートに出演。’74年にはかつてのバック・バンドであったザ・バンドとともに録音したアルバム「プラネット・ウェイブス」で初のビルボード1位を獲得した。以来、休むことなくアルバム製作とライブ活動を続け、’78年には12年ぶりのワールドツアーを行い、初来日。’85年にはアフリカの貧困救済を目的としたチャリティー・コンサート、ライブ・エイドにトリとして出演した。’88年ジョージ・ハリソン、ロイ・オービンソン、トム・ペティらとトラベリング・ウィルベリーズを結成。同年からは“ネバー・エンディング・ツアー”と題して年間100回以上の公演を行う。’90年代に入ってからは伝統的なフォークをギターの弾き語りで歌う作品を次々に発表。2000年映画「ワンダー・ボーイズ」に提供した「シングズ・ハブ・チェンジド」でゴーロデングローブ賞とアカデミー賞主題歌賞を受賞。2004年「ボブ・ディラン自伝」を刊行。2005年にはマーティン・スコセッシ監督による自伝的ドキュメンタリー「ノー・ディレクション・ホーム」がテレビ放送された。2006年6年ぶりのアルバム「モダン・タイムス」をリリースし、久々にビルボード第1位に輝く。2007年トッド・ヘインズ監督により、6人の俳優が各々ディランを演じるという斬新な映画「アイム・ノット・ゼア」が製作され話題を呼ぶ。2010年9年ぶりの来日公演を行う。2011年4月北京で初の中国公演を行う。主なアルバムは他に「フリー・ホイーリン・ボブ・ディラン」「時代は変わる」「ナッシュビル・スカイライン」(以上1960年代)、「血の轍」「欲望」「セイブド」(以上’70年代)、「バイオグラフィ」「インフィデル」「オー・マーシー」(以上’80年代)、「アンダー・ザ・レッド・スカイ」「奇妙な世界に」(以上’90年代)、「ラブ・アンド・シフト」(2001年)、「トゥゲザー・スルー・ライフ」(2009年)など。その楽曲は現在に至るまでジャンルを問わず数多くのミュージシャンにカバーされており、特にザ・バーズによってカバーされた「ミスター・タンブリン・マン」などが有名。その歌詞は現代詩としても評価されており、1974年「ボブ・ディラン全詩集」を刊行した。

受賞
アカデミー賞主題歌賞(第73回,2000年度)〔2001年〕「THINGS HAVE CHANGED」 プリンストン大学名誉音楽博士号;グラミー賞(9回)〔1969年〜2007年〕;グラミー賞特別功労賞(第33回)〔1991年〕;ゴールデン・グローブ賞主題歌賞(第58回,2000年度)

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ボブ ディラン

生年月日:1941年5月24日
アメリカのシンガー・ソングライター

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボブ ディランの関連情報