コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージュラ Vaugelas, Claude Favre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボージュラ
Vaugelas, Claude Favre

[生]1585.1.6. メクシミュー
[没]1650.2. パリ
フランスの文法学者。アカデミー・フランセーズの創立会員の一人で,アカデミー辞典編纂にたずさわる一方,1647年フランス語純化する目的で『フランス語注意書』 Remarques sur la langue françaiseを刊行。言語の世界における唯一の王者は慣用で,正しい慣用とは,宮廷の最も健全な人々の話し言葉と,当時の最も健全な文筆家の書き言葉であると述べ,やがて古典主義文学の用語となる言語に規準を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボージュラ【Claude Favre de Vaugelas】

1585‐1650
フランスの文法家。ルイ13世時代フランス語の純化に努め,絶対主義王政下においてひとつの規範となる言語の輪郭を描くことに貢献した。フランス東部サボア地方の出身。若くしてパリに出,ヌムール公や王弟ガストン・ドルレアンの宮廷に仕え,他方ランブイエ侯爵夫人のサロンにも出入りしたといわれる。パリの貴族,文人との交際によってことばへの関心が培われた。王弟の反逆に連座し一時その年金を失ったが,宰相リシュリューに才を認められて1634年アカデミー・フランセーズに招かれ,辞典編集をゆだねられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボージュラ【Claude Favre de Vaugelas】

1585~1650) フランスの文法学者。アカデミー辞典の編纂に参加。フランス語を純化し、規準を確立する目的で「フランス語に関する覚書」を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボージュラ
ぼーじゅら
Claude Favre, baron de Prouges, seigneur de Vaugelas
(1585―1650)

フランスの文法家。当時のラテン語を規範としたフランス語文法を離れ、宮廷、上流社会(とくにランブイエ夫人のサロン)で話されている、よいフランス語を観察、記述し、それを規範とすることを提唱した。主著『フランス語覚え書』Les Remarques sur la langue franaise(1647)は、長い間、「よいフランス語」の規準をなすものとして尊ばれた。アカデミー会員。[福井芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android