コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーモント ボーモント Beaumont, Francis

6件 の用語解説(ボーモントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーモント
ボーモント
Beaumont, Francis

[生]1584頃.レスターシャー,グレースデュー
[没]1616.3.6. ロンドン
イギリスの劇作家。 J.フレッチャーとの合作で知られる。 1613年に結婚して劇壇から引退した。 79年の『ボーモントフレッチャー全集』に収められた 52編のうち,ボーモントの単独作は気質喜劇女嫌い』 The Woman Hater (1605) と風刺喜劇『熱いすりこぎ団の騎士』 The Knight of the Burning Pestle (07) だけ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボーモント
ボーモント
Beaumont, William

[生]1785.11.21. コネティカットレバノン
[没]1853.4.25. ミズーリセントルイス
アメリカの軍医。ミシガン州北部,マッキナク要塞に駐留中,1822年6月6日左の上腹部に至近距離から銃弾を受けたカナダ人の猟師の治療にあたったが,創痕が胃瘻となって残り,そこから胃の中を見ることができる状態だったので,消化の過程を研究し,消化の化学,食物の分解の時間,感情が胃液分泌に与える影響などを記録し,その結果を"Experiments and Observations on the Gastric Juice and the Physiology of Digestion" (1833) にまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボーモント
ボーモント
Beaumont

アメリカ合衆国,テキサス州南東部の都市。ポートアーサーの北西約 26km,ネチェズ川の遡航終点に位置する。製材と船舶輸送が初期の産業であった。その後,綿花,サトウキビ,家畜の積出港として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボーモント

英国の劇作家。フレッチャーとの共作で《乙女の悲劇》(1611年)などを書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボーモント【Beaumont】

アメリカ合衆国テキサス州南東部の工業都市。人口11万5000(1994)。メキシコ湾と結ぶサビーン・ネチズ運河沿いにあり,大型船も接岸できる港をもつ。この運河沿いに大規模な精油所と石油化学工場が立地している。周辺地域に産する木材の加工や製紙,精米,食肉缶詰,金属加工などの工場もある。1901年,近くのスピンドルトップで石油が発見され,同州最初の石油ブームにわく都市となった。【菅野 峰明】

ボーモント【Francis Beaumont】

1584?‐1616
イギリスの劇作家。地方判事の子として生まれ,オックスフォード大学を中退したのち一時法曹学院に籍を置いたが,やがて文筆家を志し,匿名でオウィディウス風の物語を書いたりして青年時代を過ごした。最初の劇作品《女嫌い》(1606初演。以下初演年)はB.ジョンソンの影響を強く受けた気質喜劇であるが,第2作《輝けるすりこぎの騎士》(1607ごろ)は中世騎士道ロマンスを戯作化し,大衆劇場の観客の観劇態度を茶化しつつ,市民階級の無教養ぶりを揶揄(やゆ)した手の込んだ喜劇である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーモントの関連キーワードクリティカルコネチカットコネティカットタクティカルバーティカルドラマティカルアイズマテマティカマテマティカ2コネティカット[州]コネティカット・チェスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーモントの関連情報