コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーリングブルック

百科事典マイペディアの解説

ボーリングブルック

英国の政治家,著述家。1701年下院に入り,スペイン継承戦争期のトーリー党内閣で陸相国務相を務めてスペイン継承戦争のユトレヒト講和条約の締結に貢献,子爵となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボーリングブルック【Henry St.John,1st Viscount Bolingbroke】

1678‐1751
イギリスの政治家,著述家。1701年下院議員となり,スペイン継承戦争の最中にまず陸相(1704‐08)に就任。ついで国務相(1710‐14)としてユトレヒト対仏講和条約の締結(1713)に尽力。その間に子爵の位を授けられるが(1712),大蔵卿ハーリー(オックスフォード伯)とトーリー党内における主導権を争い,ジョージ1世の即位前後に両者とも失脚。彼はフランス政府への内通,あるいはジャコバイトへの荷担嫌疑をかけられて官位・財産を剝奪され,1715年フランスへ亡命した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボーリングブルックの言及

【政党】より

…トリーペルHeinrich Triepel(1868‐1946)は《憲法と政党Staatsrecht und Politik》(1927)において,国家対政党の関係の変化を,(1)国家が政党を敵視した時代,(2)国家が政党を無視した時代,(3)法律上で政党が容認される時代,(4)政党が憲法秩序の中に編入される時代,の4段階に分けている。イギリスの政治家H.St.J.ボーリングブルックが《政党論Dissertation on Parties》(1734)で政党を政治機構の一部とするような制度を〈腐敗的〉なものとして反対し,ルソーが《社会契約論》(1762)で一般意志の十分な機能にとって徒党や部分的団体の存在は望ましくないと説き,さらにアメリカの初代大統領ワシントンが有名な〈告別演説〉(1796)の一節で,国家の存続にとっての党派精神の有害さについて強く警告したなどの例にみられるように,18世紀から19世紀初頭の思想家,政治家の多くは〈反政党主義〉的態度をとっていたのである。
[イギリス]
 しかし,政党はまさしくこの時期に発達し,しだいに政治的に無視できない勢力を形成するようになった。…

【バーク】より

…イギリスの政治家,雄弁家,政治哲学者。プロテスタントの父とカトリックの母の間にダブリンで生まれ,この地のトリニティ・カレッジを卒業。法律家の資格を得ようとロンドンに出たが,やがて文筆の世界に転じてボーリンブルック卿の抽象的社会理論を風刺した《自然社会の擁護》と,美的感覚を心理的に解剖した《崇高と美の観念の起源》(1757)で文壇に登場し,ドズリー書店から《年鑑》を創刊して単独で編集に従った。まもなく穏健なホイッグ貴族ロッキンガムの秘書,65年には下院議員となり,アメリカでの印紙法の騒擾について処女演説して一躍名演説家たる声望を得た。…

※「ボーリングブルック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボーリングブルックの関連キーワードジョージ[3世]ウォルポール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android