コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイツ=ジェガース症候群 ポイツ=ジェガースしょうこうぐんPeutz-Jeghers' syndrome

2件 の用語解説(ポイツ=ジェガース症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイツ=ジェガース症候群
ポイツ=ジェガースしょうこうぐん
Peutz-Jeghers' syndrome

J.ポイツが 1921年に初めて報告し,H.ジェガースが 49年に確定した症候群で,胃腸管のポリープ,手足や口唇の黒褐色色素沈着,遺伝負荷をおもな症状とする。ポリープは小腸が 70%と最も多く,胃・十二指腸や大腸にも発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポイツジェガースしょうこうぐん【ポイツ=ジェガース症候群 Peutz‐Jeghers syndrome】

ポイツJ.L.A.Peutz(1921),ジェガースH.Jeghersら(1949)が報告した,胃腸のポリポーシス(無数のポリープが生ずること)と色素斑を特徴とする疾患。常染色体性優性遺伝をする疾患で,小児・青年期に発見されることが多いが,家族発生は少ない。胃腸のポリープは過誤腫に属し,腺管の過剰増生とともに腺間に筋繊維の異常増加が起こる。腫瘍性発育とは異なるため癌化はまれと考えられている。このポリープは胃から大腸まで,ほぼ均等に分布し散在性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポイツ=ジェガース症候群の言及

【小腸】より

…空・回腸では腺腫,筋腫などがあり,単発,多発がある。とくにポイツ=ジェガース症候群Peutz‐Jeghers’ syndromeと呼ばれる消化管のポリープと手指,足指,口唇に色素斑を伴う病気では,小腸に多数のポリープがみられる。小さい腫瘍では無症状であるが,大きいものではときに出血を起こしたり,腸重積を起こすことがある。…

【小腸】より

…空・回腸では腺腫,筋腫などがあり,単発,多発がある。とくにポイツ=ジェガース症候群Peutz‐Jeghers’ syndromeと呼ばれる消化管のポリープと手指,足指,口唇に色素斑を伴う病気では,小腸に多数のポリープがみられる。小さい腫瘍では無症状であるが,大きいものではときに出血を起こしたり,腸重積を起こすことがある。…

【腸管ポリープ】より

…腫瘍性増殖を示さず組織の構成異常が原因となって生じるものを過誤腫性ポリープhamartomatous polypという。このなかには若年性ポリープとポイツ=ジェガース症候群がある。若年性ポリープは幼小児に好発するが成人にも認められる。…

※「ポイツ=ジェガース症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポイツ=ジェガース症候群の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone