コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイツ・ジェガース症候群 ぽいつじぇがーすしょうこうぐんPeutz-Jeghers Syndrome

家庭医学館の解説

ぽいつじぇがーすしょうこうぐん【ポイツ・ジェガース症候群 Peutz-Jeghers Syndrome】

[どんな病気か]
 口唇(こうしん)に点々と黒く小さな色素斑(しきそはん)ができたり、手のひらや足底(そくてい)に黒褐色の色素斑ができ、さらに小腸(しょうちょう)にポリープがたくさんできるときは、この病気のおそれがあります。小腸にできたポリープのため、腹痛、出血(下血(げけつ))があり、貧血症状が現われることもあります。ときには脹閉塞(ちょうへいそく)症状をおこすこともあります。
 腸管の内視鏡検査を行ない、ポリープを切除します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android