コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイツ・ジェガース症候群 ぽいつじぇがーすしょうこうぐんPeutz-Jeghers Syndrome

家庭医学館の解説

ぽいつじぇがーすしょうこうぐん【ポイツ・ジェガース症候群 Peutz-Jeghers Syndrome】

[どんな病気か]
 口唇(こうしん)に点々と黒く小さな色素斑(しきそはん)ができたり、手のひらや足底(そくてい)に黒褐色の色素斑ができ、さらに小腸(しょうちょう)にポリープがたくさんできるときは、この病気のおそれがあります。小腸にできたポリープのため、腹痛、出血(下血(げけつ))があり、貧血症状が現われることもあります。ときには脹閉塞(ちょうへいそく)症状をおこすこともあります。
 腸管の内視鏡検査を行ない、ポリープを切除します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone