コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポケモンGO ぽけもんごー Pokemon GO

4件 の用語解説(ポケモンGOの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ポケモンGO

Pokemon GO」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポケモンGO

スマートフォンのカメラ位置情報機能などを使ったゲーム。画面上に現れるポケモンと言われるキャラクターを、アイテムを使って捕まえて図鑑を完成させたり、街の中にある「ジム」でほかの利用者のポケモンと戦わせたりして遊べる。

(2016-11-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ポケモンGO

米国のナイアンティック社が開発した、GPS機能と拡張現実(AR)を組み合わせ位置情報ゲーム。ゲームやアニメで人気の「ポケットモンスター」(通称ポケモン)を題材とする、スマートホン向けとしては初のゲームで、プレイヤーは現実世界に潜む野生のポケモンを捕獲し、育成・対戦などを楽しむ。2013年、株式会社ポケモン、任天堂、ナイアンティックラボ(現・ナイアンティック社)などが参加して開発プロジェクト立ち上げ、2016年より正式サービス開始。連動する腕時計型のデバイス「ポケモン GO Plus」は、周囲にポケモンがいるときやポケストップがあるときにランプや振動で知らせる機能や、ポケモンの捕獲機能を搭載。スマートホンの画面を見続けなくてもゲームを楽しむことができる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリアニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモン、任天堂株式会社などがパートナーとして参加している。株式会社ポケモンによるゲームソフトシリーズ「ポケットモンスター」の世界観そのままに、スマートフォンのカメラと画面を用い、街や公園などの現実世界を舞台としてポケットモンスターを探し捕まえ戦うなどする体験型ゲームとなっている。同年7月14日までに、すでに販売地域では爆発的人気を得ており、墓地などが敷地内で同ゲームをしないよう要請するなど社会現象化している。日本での発売は同年7月中とみられている。

(2016-7-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポケモンGOの関連情報