コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポゴージン ポゴージンPogodin, Mikhail Petrovich

4件 の用語解説(ポゴージンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポゴージン
ポゴージン
Pogodin, Mikhail Petrovich

[生]1800.11.23. モスクワ
[没]1875.12.20. モスクワ
ロシアの歴史家,評論家,ジャーナリスト。農奴の子に生れ,1821年モスクワ大学を卒業。 26~44年モスクワ大学歴史学教授。 27~30年『モスクワ報知』 Moskovskii vestnik,41~56年『モスクワ人』 Moskvityaninを発行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポゴージン
ポゴージン
Pogodin, Nikolai Fëdorovich

[生]1900.11.16. ドネツク
[没]1962.9.19. モスクワ
ソ連の劇作家。本名 Stukalov。農民の家に生れ,貧窮のなかに育った。 1922年以来『プラウダ』紙通信員として多くのルポルタージュを書いた。現実生活の取材を基に『わが友』 Moi drug (1932) ,『貴族』 Aristokraty (34) など労働をテーマとした戯曲を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポゴージン【Nikolai Fyodorovich Pogodin】

1900‐62
ソ連邦の劇作家。新聞記者出身。社会主義建設に情熱を傾けた人々の夢と苦悩を新鮮なスケッチスタイルで描いた《テンポ》(1929),《斧の詩》(1930),《私の親友》(1932),《貴族たち》(1934)その他で演劇界に登場。ほかにも喜劇,風俗劇,映画台本などたくさんあるが,彼の名を不動にしたのはレーニン三部作《銃を持つ人》(1937初演),《クレムリンの大時計》(1942初演),《第3悲愴曲》(1958初演)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポゴージン
ぽごーじん
Николай Фёдорович Погодин Nikolay Fyodorovich Pogodin
(1900―1962)

ソ連の劇作家。本姓ストゥカロフСтукалов/Stukalov。新聞通信員として各地を訪ね、ルポルタージュを数多く手がけた。処女作は『テンポ』(1930)、以来『斧(おの)の詩』『わが友』『貴族』などの一連の戯曲で社会主義建設に鋭い関心をみせる。その後、史的主題にも取り組み、レーニンと民衆を描く革命劇三部作『銃を持った人』(1937)、『クレムリンの大時計』(1942~56)、『第三の悲愴(ひそう)』(1959)で劇壇の中心的存在となった。[柳 富子]
『野崎韶夫訳『クレムリンの大時計』(『ソビエト現代劇集』所収・1981・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポゴージンの関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone