コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポズナン暴動 ポズナンぼうどうPoznan Riots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポズナン暴動
ポズナンぼうどう
Poznan Riots

1956年6月 28日ポーランド西部の工業都市ポズナンで起こった反政府暴動。ポズナニ暴動ともいう。工場労働者の賃上げ要求のストライキがきっかけであったが,暴動化して 53人の死者を出し,3日間荒れ狂った。ポーランド統一労働者党指導部は事態の処理をめぐって分裂したが,暴動は反革命分子の仕業であると主張するスターリン主義者の強弁は否定され,原因は過去の党の政策の誤りにあるとする立場が採択された。暴動首謀者の処罰も軽いものとなった。この事件をきっかけとしてポーランドでも非スターリン化が急速に進み,10月にはかつて民族共産主義者として批判されたウワディスワフ・ゴムウカが復活し,エドワルド・オハプに代わって党第1書記となった。ハンガリー動乱はポーランドのこの 10月政変 (十月の春) に直接刺激されたものであった。 (→ポーランド史 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポズナンぼうどう【ポズナン暴動 Wypadek Poznański】

1956年,共産党(統一労働者党)支配下のポーランドに起きた最初の民衆暴動で,〈十月の春〉と呼ばれた大幅な政治体制の自由化をもたらした。56年6月ポズナン市の自動車エンジン工場〈ツェギエルスキ〉の労働者が待遇改善を求めてストライキに入り,街頭デモを行ったのが発端となった。治安部隊の発砲によってデモは暴動と化し,監獄,警察,党支部,外国放送妨害電波発信所等が襲われた。公式発表によれば死者53名,負傷者約300名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポズナン暴動の言及

【ポーランド】より

…(3)1956‐70年 統一労働者党支配がとくにイデオロギー面で弛緩し,若干の外交的自由が回復された。ソ連共産党第20回大会でのスターリン批判ポズナン暴動(1956年6月)の衝撃は党の支配を大きく揺るがした。56年10月,党第一書記に返り咲いたゴムウカは一連の改革を実施した(〈十月の春〉)。…

※「ポズナン暴動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポズナン暴動の関連キーワードスターリン批判

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android