コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリワーノフ ポリワーノフ Polivanov, Evgenii Dmitrievich

3件 の用語解説(ポリワーノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリワーノフ
ポリワーノフ
Polivanov, Evgenii Dmitrievich

[生]1891.3.12. スモレンスク
[没]1938.1.25. モスクワ
ソ連の言語学者,音声学者。 1912年ペテルブルグ大学卒業。 19年共産党員となると同時にペテルブルグ大学教授。日本語,朝鮮語,チュルク諸語,中国語など多くの東洋語を正確に観察・記録し研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ポリワーノフ Polivanov, Evgeny Dmitryvich

1891-1938 ロシアの言語学者。
1891年3月12日生まれ。ペテルブルグ大で日本語を黒野義文(くろの-よしぶみ)にまなぶ。大正3年(1914)と4年に来日し,長崎などの方言,とくにアクセントを研究した。スターリンによる粛清で逮捕され,1938年1月25日獄死。46歳。スモレンスク出身。著作に「東洋学大学用言語学入門」「日本語研究」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリワーノフ
ぽりわーのふ
Евгений Дмитриевич Поливанов Evgeniy Dmitrievich Polivanov
(1891―1938)

ロシアの言語学者。スモレンスクに生まれる。1912年ペテルブルグ大学文学部卒業。日本語を黒野義文に、言語学をド・クルトネに学ぶ。14年(大正3)と15年に来日。長崎(三重村)・東京・京都・土佐その他の方言、とくにアクセントを研究し、日本アクセント学に貢献した。ドゥンガン語、中国語、ウズベク語トルコ系)の研究の論著があり、『東洋学大学用言語学入門』(1928、レニングラード)は高い水準の研究として有名。プレトネルとの共著『日本口語文法』(1930、モスクワ)もある。原始トルコ語長母音説の創唱者でもあり、スターリンによる粛清工作で37年に逮捕され、翌年ウズベキスタン共和国のタシケントに獄死した。1963年には名誉を回復した。[村山七郎]
『ポリワーノフ著、村山七郎編訳『日本語研究』(1976・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリワーノフの関連キーワード藤岡勝二イェルムスレウグリム言語学数理言語学服部四郎ブルームフィールドロシアの恋人エジャートンボードゥアン・ド・クルトネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone