コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリワーノフ ポリワーノフPolivanov, Evgenii Dmitrievich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリワーノフ
Polivanov, Evgenii Dmitrievich

[生]1891.3.12. スモレンスク
[没]1938.1.25. モスクワ
ソ連の言語学者,音声学者。 1912年ペテルブルグ大学卒業。 19年共産党員となると同時にペテルブルグ大学教授。日本語,朝鮮語,チュルク諸語,中国語など多くの東洋語を正確に観察・記録し研究した。 14,15年と2度にわたり来日し日本語のアクセントを研究。多くの論文を残している。 28~29年 N.マールの御用学説を批判したために中央アジアに移住を余儀なくされ,その後も同地で教授,研究の活動を続けたが,37年に投獄され,翌年獄死した。 63年になってその名誉が回復された。主著『東洋学大学用言語学入門』 Vvedenie v yazykoznanie dlya vostokovednykh vuzov (1928) ,『一般言語学論文集』 Stat'i po obshchemu yazykoznaniyu (68) 。日本語関係の論文を集めたものとして『日本語研究』 (村山七郎編訳,76) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ポリワーノフ Polivanov, Evgeny Dmitryvich

1891-1938 ロシアの言語学者。
1891年3月12日生まれ。ペテルブルグ大で日本語を黒野義文(くろの-よしぶみ)にまなぶ。大正3年(1914)と4年に来日し,長崎などの方言,とくにアクセントを研究した。スターリンによる粛清で逮捕され,1938年1月25日獄死。46歳。スモレンスク出身。著作に「東洋学大学用言語学入門」「日本語研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリワーノフ
ぽりわーのふ
Евгений Дмитриевич Поливанов Evgeniy Dmitrievich Polivanov
(1891―1938)

ロシアの言語学者。スモレンスクに生まれる。1912年ペテルブルグ大学文学部卒業。日本語を黒野義文に、言語学をド・クルトネに学ぶ。14年(大正3)と15年に来日。長崎(三重村)・東京・京都・土佐その他の方言、とくにアクセントを研究し、日本アクセント学に貢献した。ドゥンガン語、中国語、ウズベク語トルコ系)の研究の論著があり、『東洋学大学用言語学入門』(1928、レニングラード)は高い水準の研究として有名。プレトネルとの共著『日本口語文法』(1930、モスクワ)もある。原始トルコ語長母音説の創唱者でもあり、スターリンによる粛清工作で37年に逮捕され、翌年ウズベキスタン共和国のタシケントに獄死した。1963年には名誉を回復した。[村山七郎]
『ポリワーノフ著、村山七郎編訳『日本語研究』(1976・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポリワーノフの関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋中筋早稲田文学アドバルーン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone