コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポレボイ ポレボイPolevoi, Boris Nikolaevich

4件 の用語解説(ポレボイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポレボイ
ポレボイ
Polevoi, Boris Nikolaevich

[生]1908.3.17. モスクワ
[没]1981.7.12. モスクワ
ソ連の作家。本名 Kampov。第2次世界大戦中『プラウダ』紙記者として従軍,数多くのルポルタージュを書いた。『真実の人間の物語』 Povest' o nastoyashchem cheloveke (1946) でスターリン賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポレボイ(Boris Nikolaevich Polevoy)

[1908~1981]ソ連の小説家・ジャーナリスト。作「真実の人間の物語」「荒れた岸辺にて」など。

ポレボイ(Nikolay Alekseevich Polevoy)

[1796~1846]ロシアの小説家・ジャーナリスト・歴史家。ロシアにおけるロマン主義および近代文芸批評の発展に寄与した。小説「アバドンナ」、歴史書「ロシア国民史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ポレボイ【Boris Nikolaevich Polevoi】

1908‐81
ソ連邦の小説家。本名カンポフB.N.Kampov。ジャーナリスト出身。中編《熱い職場》(1939)でデビュー。《真実の人間の物語》(1946)で文名を確立したが,重傷を負った空軍将校が超人的努力で任務に復帰するこの小説は,肯定的人間像を強く求めたジダーノフ体制に最適の作品であった。ほかに短編集《われら――ソ連人》(1948),長編《荒れた岸辺で》(1962),《ドクトル・ベーラ》(1966),旅行記《アメリカ日記》(1956)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポレボイの関連キーワード監獄法新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー井上光ウェルニーエアトン小河滋次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポレボイの関連情報