ポンキエリ

百科事典マイペディア「ポンキエリ」の解説

ポンキエリ

イタリアの作曲家。クレモナ近郊に生まれ,9歳でミラノ音楽院に入学。生地で教会オルガン奏者を務める一方《婚約者》(1856年,改訂1872年)などでオペラ作曲家として地歩を築き,1876年,ミラノのスカラ座で代表作となったオペラ《ジョコンダ》を発表。ベルディの協力者としても知られる作曲家A.ボーイトオテロ参照)がユゴー戯曲を台本化したこのオペラは大評判を呼び,1883年にはロンドンのコベント・ガーデン王立歌劇場,ニューヨークのメトロポリタン歌劇場でも上演。作曲者の名を一躍高めた。1883年には母校教授に就任し,プッチーニマスカーニを育てた。《ジョコンダ》中のバレエ音楽《時の踊り》は有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ポンキエリ」の解説

ポンキエリ

(Amilcare Ponchielli アミルカーレ━) イタリアの作曲家。ミラノでオペラ作曲家として活躍。クレモナで楽長をつとめる。代表作「ジョコンダ」(一八七六年初演)第三幕の「時の踊り」は特に有名。(一八三四‐八六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ポンキエリ」の解説

ポンキエリ【Amilcare Ponchielli】

1834‐86
イタリアの作曲家。9歳でミラノ音楽院に入学。卒業後は教会のオルガン奏者,軍楽隊指揮者を務めながらオペラ作家を目ざす。1856年最初のオペラを作曲。V.ユゴーの戯曲によって作曲,ミラノのスカラ座で初演したオペラ《ジョコンダ》(1876)で決定的名声を得た。晩年は母校の教授も務めた。世代的にはベルディとプッチーニの中間にあって,前者の力強さ,後者の抒情性には欠けるが,プッチーニやマスカーニを育て,ベリズモ・オペラの到来を招いた功績は大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android