コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンキエリ Amilcare Ponchielli

3件 の用語解説(ポンキエリの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ポンキエリ【Amilcare Ponchielli】

1834~1886) イタリアの作曲家。クレモナの大聖堂のオルガン奏者・楽長をつとめ、器楽の役割を重視したオペラを書いた。代表作は「時の踊り」で知られるオペラ「ジョコンダ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポンキエリ

イタリアの作曲家。クレモナ近郊に生まれ,9歳でミラノ音楽院に入学。生地で教会オルガン奏者を務める一方《婚約者》(1856年,改訂1872年)などでオペラ作曲家として地歩を築き,1876年,ミラノのスカラ座で代表作となったオペラ《ジョコンダ》を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポンキエリ【Amilcare Ponchielli】

1834‐86
イタリアの作曲家。9歳でミラノ音楽院に入学。卒業後は教会のオルガン奏者,軍楽隊指揮者を務めながらオペラ作家を目ざす。1856年最初のオペラを作曲。V.ユゴーの戯曲によって作曲,ミラノのスカラ座で初演したオペラ《ジョコンダ》(1876)で決定的名声を得た。晩年は母校の教授も務めた。世代的にはベルディプッチーニの中間にあって,前者の力強さ,後者の抒情性には欠けるが,プッチーニやマスカーニを育て,ベリズモ・オペラの到来を招いた功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポンキエリの関連キーワードウィリアム・テルイタリア奇想曲イタリア協奏曲イタリアのハロルドイタリア風セレナーデマリアの生涯パイジェッロベッリーニブレスゲン セザールマルトゥッチ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone