コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンティ Ponti, Gio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンティ
Ponti, Gio

[生]1891.11.18. ミラノ
[没]1979.9.15. ミラノ
イタリアの建築家。初め工芸デザイナーとして立ち,ウィーンのゼツェッシオン様式の陶器,家具,室内装飾を手がけた。 1927年ミラノで「イタリア合理主義建築集団」を創設し,翌年,雑誌『ドムス』 Domusを創刊。ミラノ・トリエンナーレ (造形美術展) の推進者となり,新しい世代の前衛芸術家の育成に尽力した。作品は近代イタリアの国際様式建築の黎明期を開いたローマ大学数学科棟 (1934) ,モンテカティーニ会社 (36,ミラノ) ,洗練された高層建築として著名なピレリ・ビル (55~58,同) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポンティ

イタリアの建築家,プロダクト・デザイナー。20世紀イタリア・デザイン界で最も影響力をもった人物の一人。ミラノ生れ。ミラノ工科大卒業後,1923年―1930年リチャード・ジノリ社のため古典的モティーフを取り入れた陶磁器をデザイン。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ポンティ【Gio Ponti】

1891~1979) イタリアの建築家・デザイナー。合理主義・機能主義を掲げてデザイン誌「ドムス」を創刊。代表作にミラノのピレリビルなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンティ
ぽんてぃ
Gio Ponti
(1891―1979)

イタリアの建築家。ミラノに生まれ、同地に没。1920年代の中ごろまでは分離派をはじめとするウィーンの造形やデザインの影響を受け、家具や室内装飾をデザインした。28年雑誌『ドムス』を創刊、33年『イタリアの住宅』を出版し、36年からミラノ工科大学建築科で教えるなど、啓蒙(けいもう)的活動を精力的に続けた。建築作品には、ローマ大学の数学部(1934)、ミラノのモンテカチーニ・ビル(1936)などがあり、イタリアにおける国際様式の先駆者の一人となった。第二次世界大戦後の彼の活動を象徴するのが、ミラノの超高層建築ピレッリ・ビル(1955~58、構造ネルビ)で、これにより世界的評価を高めた。[高見堅志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポンティの関連キーワードケイタ(Modibo Keita)ディーノ・ド ラウレンティスメルロ=ポンティ・サークルフィリップ カテリーンヤスパー ファン・トフグロータース ウィレムスティーブ スミスソフィア ローレンレ・タン・モデルヌメルロ・ポンティアルド ロマーノタン・モデルヌエディ ルイスM. ケイタマリル トロ知覚の現象学世界内存在フッサールルフォール生活世界

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンティの関連情報