コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マアーン Ma`ān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マアーン
Ma`ān

ヨルダン中央南部,マアーン県の県都。乾燥砂漠的気候の高原にあり,南部の地方に散在する遊牧民の,行政的,地域的交易の中心地。以前のヘジャーズ鉄道の南方の終点にあたり,北のアンマン,南のアカバ,さらには内陸地帯の交通の分岐点でもある。 1925年に,サウジアラビアのイブン・サウード王がヒジャーズ地方を征服して以来,イギリスはマアーン地方をトランスヨルダンに属させたが,事実上の併合は 65年までサウジアラビアから正式に承認されなかった。北西 30kmの山中には,ペトラの遺跡がある。人口2万 7000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マアーン(Ma'an)

ヨルダン南部の都市。同国南部最大の都市であり、行政の中心地。また古代よりエジプトシリアを結ぶ幹線道路沿いに位置し、現在も農産物集散地になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マアーン

ヨルダンの南部の町。首都のアンマンから,さらに隣国シリアの首都ダマスカスへ通ずる主要鉄道上に位置している。同国南部の行政の中心地で,周辺で生産される農産物などの集散地になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マアーンの関連キーワードアンマーンハルン山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android