コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロコンピューター まいくろこんぴゅーたー

5件 の用語解説(マイクロコンピューターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マイクロコンピューター

演算処理を行うマイクロプロセッサーとメモリーを1つのLSIチップに集積したIC(集積回路)のこと。略して、マイコン呼ばれる。以前はパソコンと同義で使われていたが、最近では、家電製品などの電子制御用として組み込まれているものを指すことが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイクロコンピューター(microcomputer)

マイクロプロセッサーを主体とする小型のコンピューター。マイコン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マイクロコンピューター

マイコンと略称。CPU中央処理装置)や記憶装置入出力装置などコンピューターの諸機能を1個あるいは数個のLSI素子で構成する超小型コンピューター。このCPUをマイクロプロセッサーと呼び,1971年米国インテル社から発表されたものが世界最初。
→関連項目ファームウェアマイクロプロセッサーマイコン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロコンピューター【microcomputer】

マイコンと略称する。中央処理装置(CPU)の部分が1個のLSI(大規模集積回路)化されたものをマイクロプロセッサーといい,これを利用して作られた超小型コンピューターをいう。マイクロプロセッサーは,ワンチップCPUともいい,この種のLSI素子は大量生産が行われて安価になっているため,家電製品,乗用車,計測器などの機器やパーソナルコンピューター,日本語ワードプロセッサーインテリジェント端末機などの心臓部として盛んに使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マイクロコンピューター【microcomputer】

中央処理装置や記憶装置などを、一個から数個の LSI チップによって実現した、ごく小型のコンピューター。マイコン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロコンピューターの関連キーワードFPU多重処理中央演算処理装置中央処理装置CNC演算処理装置情報処理装置中央装置ボードコンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロコンピューターの関連情報