マイソール王国(読み)マイソールおうこく(英語表記)Mysore

世界大百科事典 第2版「マイソール王国」の解説

マイソールおうこく【マイソール王国】

南インドのカルナータカ(マイソール)地方を中心とするヒンドゥー王国。衰退しつつあったビジャヤナガル王国のなかから,1610年ハディナードゥの一領主チャーマ・ラージャ4世Chāma Rāja IVによって王権が確立された。国王は代々ウダイヤールUdaiyār(Wodeyār)の称号をもつ。1672‐1704年に統治したチッカ・デーバ・ラージャChikka Dēva Rājaは通信制度や18部門からなる行政組織を確立し,またマドゥライにいたる南インド南部への進出によって王国の繁栄を導いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「マイソール王国」の解説

マイソール王国
マイソールおうこく
Mysore

南インドのカルナータカ(マイソール)地方を中心とするヒンドゥー王国
ヴィジャヤナガル王国の衰退の中から1610年に領主チャーマ=ラージャ4世が同王国を建設した。首都はマイソールの郊外のセーリンガパタム。17世紀末には南インド南部への勢力拡大により最盛期を現出した。しかし,王国は1760年から約40年間,家臣ハイダル=アリー父子によって簒奪され,イスラーム教徒の支配下に置かれた。この間,4回のマイソール戦争でイギリスに敗北し,1799年以降はイギリスの従属下に置かれ,傀儡王国となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のマイソール王国の言及

【カルナータカ[州]】より

…カンナダ語圏の西海岸への拡大もこのような歴史的基盤にもとづいている。18世紀にはヒンドゥー王家を倒したムスリム王家のマイソール王国が成立した。同王国は4次にわたってイギリスとマイソール戦争を戦ったが,1799年のティプ・スルターンの戦死により崩壊した。…

※「マイソール王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android