コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイトラカ朝 マイトラカちょう Maitraka

2件 の用語解説(マイトラカ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイトラカ朝
マイトラカちょう
Maitraka

5~8世紀にインド西部,カティアワール半島バラビーを都とした王朝。5世紀中頃グプタ朝の将軍バッタールカがカティアワール地方を統治,次第に独立し,3代目に王と称し,4代目のドルバセーナ1世のときに完全に独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マイトラカちょう【マイトラカ朝 Maitraka】

インドの王朝。5世紀末,グプタ朝衰退に乗じてサウラーシュトラの地方長官バタールカBhaṭārkaがバラビーValabhīを都として台頭して王朝を建て,グプタ朝滅亡後は〈大王の王〉と称して領土を拡大し,グジャラートの覇権を握った。7世紀になってハルシャ・バルダナが北インドを統一すると,彼に従属して領土を維持し,彼の死後には再び独立してグジャラートから中央インドのマールワ地方にかけての大勢力となった。都バラビーは政治,商業の中心地であったばかりでなく,西インドの文化の中心地としても有名であって,仏教寺院が相次いで建立され,ナーランダーに次ぐ仏教の大学として栄え,またジャイナ教もこの地を経典編纂の地としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイトラカ朝の関連キーワードカウティリヤカダンバ朝グプタ朝サムドラグプタセーナ朝アーンドラ王朝チャンドラグプタ[2世]チャンデッラ朝フーナマウカリ朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone