コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイロ マイロ milo

4件 の用語解説(マイロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイロ(milo)

飼料用の穀物。モロコシの一種。黄赤褐色の穀粒で、東アジア産のコーリャンと同種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

マイロ

 モロコシの一種で,いわゆるコウリャンをいう.飼料に使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マイロ【milo】

子実を飼料または食用とするために栽培されるイネ科の一年草。モロコシの1系統。中央アフリカで栽培されていたもので,穀実用として優良な系統である。よく分げつし,穂は子実が密に集まってつく卵形の密穂型が多い。粒は径5mmほど。モロコシの中では大きいほうで,鮭(さけ)色または乳白色。高温や干ばつに強い。現在では背丈が1mほどの低い品種が育成され,アメリカを中心に広く栽培されている。おもに子実を配合飼料の原料とするもので,日本にはアメリカから大量に輸入されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マイロ【milo】

実を飼料または食用とするモロコシの一群。配合飼料の原料にする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイロの関連キーワード飼料作物モロコシ(蜀黍)四国稗ソルゴー実桜スタキス掻き菜アキーヒエ(稗∥穇)ホウキモロコシ(箒蜀黍)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイロの関連情報