コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイロ マイロmilo

4件 の用語解説(マイロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイロ(milo)

飼料用の穀物。モロコシの一種。黄赤褐色の穀粒で、東アジア産のコーリャンと同種。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マイロ【milo】

子実を飼料または食用とするために栽培されるイネ科の一年草。モロコシの1系統。中央アフリカで栽培されていたもので,穀実用として優良な系統である。よく分げつし,穂は子実が密に集まってつく卵形の密穂型が多い。粒は径5mmほど。モロコシの中では大きいほうで,鮭(さけ)色または乳白色。高温や干ばつに強い。現在では背丈が1mほどの低い品種が育成され,アメリカを中心に広く栽培されている。おもに子実を配合飼料の原料とするもので,日本にはアメリカから大量に輸入されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイロの関連情報