コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガキガイ(籬貝) マガキガイ Conomurex luhuanus

1件 の用語解説(マガキガイ(籬貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マガキガイ【マガキガイ(籬貝) Conomurex luhuanus】

ソデボラ科の巻貝(イラスト)。殻は倒円錐形で,高さ5.5cm,幅3.5cmに達する。殻は厚く堅固。巻きは7層。外観はイモガイ類に似ている。殻表は黄褐色の殻皮をかむるが,それを除くと平滑で黄色の地に黒褐色の斑が横縞状にならぶ。これを生垣に見たててマガキガイの名がある。殻口の外唇は成貝では厚くなり,縫合下で湾入する。内面は紅色で,内唇部は黒色になっている。ふたは褐色のつめ状で外側が鋸歯状に刻まれる。はうときには,このふたをてこにして,ごとりごとりと跳ねるように移動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マガキガイ(籬貝)の関連キーワードエゾボラ芋貝サラサ馬蹄螺袖細馬蹄螺籬貝糸巻法螺逆巻貝千歳法螺エゾボラモドキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone