コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキノゴケ Makinoa crispata (Steph.) Miyake

2件 の用語解説(マキノゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マキノゴケ【Makinoa crispata (Steph.) Miyake】

マキノゴケ科の1属1種の苔類(イラスト)。和名と属名は牧野富太郎にちなみ三宅驥一(きいち)が命名した。東アジアを中心に,日本からニューギニアにかけて分布する。全国の山地にやや普通に産し,陰湿な土上,岩上,腐木上などに生育する。植物体は葉状で暗緑色,叉(さ)状に分岐し,長さ5~8cm,幅1~1.5cm,柔らかく辺縁は波状に縮む。仮根は多数生じ鮮やかな褐色でよく目だつ。雌雄異株で,造精器は葉状体先端部の半月状のくぼみに多数生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキノゴケ
まきのごけ
[学]Makinoa crispata (Steph.) Miyake

コケ植物(苔類(たいるい)綱)マキノゴケ科の代表種。和名は最初に発見した牧野富太郎(とみたろう)を記念したものである。関東地方から南の谷沿いなどの湿岩上、地上に生え、植物体は幅1センチメートル内外、長さ5~10センチメートルになる葉状体。濃緑色で、縁(へり)のほうはすこし波状となる。腹面に生える仮根は明るい褐色。雌雄異株。雄器は葉状体の先端にできるくぼみの中につく。胞子体は早春になって柄を伸ばし、(さく)は片側にだけ裂け目ができる。日本のほか、朝鮮半島、中国、東南アジアに分布する。なお、マキノゴケの雄器から出る精子は、コケ植物の精子のなかで最大といわれ、長さは約100マイクロメートルほどである。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マキノゴケの関連キーワード銀杏浮苔浮苔蛇苔銭苔苔類馬杉蘚鱗苔鹿角苔角苔何じゃもんじゃ苔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone