コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキノゴケ Makinoa crispata (Steph.) Miyake

世界大百科事典 第2版の解説

マキノゴケ【Makinoa crispata (Steph.) Miyake】

マキノゴケ科の1属1種の苔類(イラスト)。和名と属名は牧野富太郎にちなみ三宅驥一(きいち)が命名した。東アジアを中心に,日本からニューギニアにかけて分布する。全国の山地にやや普通に産し,陰湿な土上,岩上,腐木上などに生育する。植物体は葉状で暗緑色,叉(さ)状に分岐し,長さ5~8cm,幅1~1.5cm,柔らかく辺縁は波状に縮む。仮根は多数生じ鮮やかな褐色でよく目だつ。雌雄異株で,造精器は葉状体先端部の半月状のくぼみに多数生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキノゴケ
まきのごけ
[学]Makinoa crispata (Steph.) Miyake

コケ植物(苔類(たいるい)綱)マキノゴケ科の代表種。和名は最初に発見した牧野富太郎(とみたろう)を記念したものである。関東地方から南の谷沿いなどの湿岩上、地上に生え、植物体は幅1センチメートル内外、長さ5~10センチメートルになる葉状体。濃緑色で、縁(へり)のほうはすこし波状となる。腹面に生える仮根は明るい褐色。雌雄異株。雄器は葉状体の先端にできるくぼみの中につく。胞子体は早春になって柄を伸ばし、(さく)は片側にだけ裂け目ができる。日本のほか、朝鮮半島、中国、東南アジアに分布する。なお、マキノゴケの雄器から出る精子は、コケ植物の精子のなかで最大といわれ、長さは約100マイクロメートルほどである。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone