コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクファデン マクファデンMcFadden, Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクファデン
McFadden, Daniel

[生]1937.7.29. ノースカロライナ,ローリー
アメリカの経済学者。当初は物理学を専門にしていたが,1950年代に経済学に転向し 1962年ミネソタ大学で博士号を取得。 68年カリフォルニア大学バークリー校教授に就任。 75年にはノーベル経済学賞の登竜門といわれるジョン・ベイツ・クラーク・メダルを受賞。 78年マサチューセッツ工科大学教授となり,90年にはカリフォルニア大学バークリー校教授に戻る。 1970年代から交通や都市問題などの分野における実証分析を数多く手がけ,理論経済学と計量分析学を融合した新理論や新分析手法を創出した。これらの研究は,サンフランシスコの公共交通システムの設計にも応用された。こうした業績により,同じく計量経済学を専門とするシカゴ大学教授の D.ヘックマンとともに,2000年ノーベル経済学賞を受賞

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクファデン
まくふぁでん
Daniel Little McFadden
(1937― )

アメリカの計量経済学者。ノース・カロライナ州ローリー生まれ。1962年にミネソタ大学で博士号を取得し、ピッツバーグ大学、マサチューセッツ工科大学などを経て、1990年からカリフォルニア大学バークリー校教授を務める。J・J・ヘックマンとともに、「ミクロ計量経済学の分野で、個人と家計の動向を定性的に分析する理論と手法を開発し、これらは経済学だけでなく、政治学、社会学など他の分野にも幅広く活用されている」貢献により、2000年のノーベル経済学賞が授与された。
 1960年代に、経済的な誘引が、人々の職業、教育、居住地などの個別選択(discrete choice)にどのような影響を与えるかについて定性的意思決定モデルを開発し、経済理論の基礎を築いた。この理論はサンフランシスコの地下鉄などの公共交通機関の需要予測に活用されたほか、消費行動の推定にも当てはめられ、幅広く利用されている。[金子邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マクファデンの関連キーワードジェームズ ヘックマンサンフランシスコ理論経済学ソウ3登竜門物理学

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクファデンの関連情報