コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロレンズ まくろれんず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マクロレンズ

拡大撮影を目的に特化したレンズで、昆虫や花などの撮影に使われる。0.5倍から、5倍程度の多種のレンズがあり、遠くから拡大撮影できる「望遠マクロレンズ」もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マクロ‐レンズ(macro lens)

接写に用いる写真撮影用レンズ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

マクロレンズ

 接写 用に作られたレンズのこと。通常のレンズは無限遠で良好な画像が得られるように設計されているのに対し、近距離撮影で最高の画像が得られるように設計されている。花や昆虫など、小さな被写体の撮影には最適。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

マクロレンズ【macro lens】

カメラの接写撮影用レンズ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロレンズ
macro lens

通常のレンズより近接撮影が可能なレンズ。マイクロレンズとも呼ばれる。近接時でも解像力が低下しない。最大で写真フィルム,あるいは撮像素子上に実物と同じ大きさ(等倍),また半分の大きさ(1/2倍)に写すことができる。35ミリ判の場合,焦点距離 50~60mmを標準マクロ,90~105mmを中望遠マクロ,180~200mmを望遠マクロと呼ぶ。焦点距離が長いほどレンズ先端から被写体までの距離(ワーキングディスタンス)が長くとれるので,近づくのが難しい昆虫や,フラッシュを多用したライティングをする際には焦点距離が長いものを,後ろに下がれない場合や複写などには焦点距離が短いものを使用する。花や昆虫などの自然写真や,料理や小物の撮影に使用されることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクロレンズの関連キーワードマクロ (カメラ)写真レンズ接写倍率撮影倍率カメラ

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクロレンズの関連情報