コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロレンズ まくろれんず

5件 の用語解説(マクロレンズの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マクロレンズ

拡大撮影を目的に特化したレンズで、昆虫や花などの撮影に使われる。0.5倍から、5倍程度の多種のレンズがあり、遠くから拡大撮影できる「望遠マクロレンズ」もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マクロ‐レンズ(macro lens)

接写に用いる写真撮影用レンズ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

マクロレンズ

 接写 用に作られたレンズのこと。通常のレンズは無限遠で良好な画像が得られるように設計されているのに対し、近距離撮影で最高の画像が得られるように設計されている。花や昆虫など、小さな被写体の撮影には最適。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マクロレンズ【macro lens】

カメラの接写撮影用レンズ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロレンズ
マクロレンズ
macro lens

通常のレンズより近接撮影が可能なレンズ。マイクロレンズとも呼ばれる。近接時でも解像力が低下しない。最大で写真フィルム,あるいは撮像素子上に実物と同じ大きさ(等倍),また半分の大きさ(1/2倍)に写すことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクロレンズの関連キーワード望遠レンズシフトレンズコンバーターレンズ写真レンズ集光レンズ視野レンズ対眼レンズソフトレンズ最初のレンズマンオプチカルレンズ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクロレンズの関連情報