コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスキーゴン Muskegon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスキーゴン
Muskegon

アメリカ合衆国,ミシガン州西部,ミシガン湖東岸の港湾都市ミルウォーキーとの間に鉄道および自動車のフェリーが通じている。 1812年の交易所の設立に始り,37年に最初の製材所が設立され,製材業が急速に発展。シカゴへの木材の積出港となった。最盛期の 19世紀末には,人口も2万 4000に達したが,20世紀に入って森林資源の枯渇により製材業は急速に衰退。その後各種エンジン,自動車部品,事務用品,冷蔵庫製造などの工場が進出した。人口4万 283 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスキーゴン
ますきーごん
Muskegon

アメリカ合衆国、ミシガン州西部、ミシガン湖岸の都市。人口4万0105(2000)。湖港で、交通の要衝である。自動車部品、エンジンなどの工業があるが、水と緑に囲まれているため、釣りやボート、ハイキング、キャンプなどの観光産業も重要である。1869年に町が開かれたが、19世紀後半には世界最大の木材の町として繁栄し、郡博物館ではその歴史を知ることができる。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マスキーゴンの関連キーワードケン アイバーソンアメリカ合衆国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android