コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスト マスト mast

翻訳|mast

7件 の用語解説(マストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスト
マスト
mast

帆柱ともいう。船体の中心線上に垂直に立てた柱。元来は帆を張るためのものであったが,汽船になってからは無線アンテナ,信号灯に利用されたり,荷役用や旗の掲揚用にも利用されている。帆船のマストの数は船の大きさによって一般に1~4本であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マスト(〈オランダ〉mast)

船の帆柱。本来は帆を張るための柱であるが、現在では信号旗・航海灯・レーダーアンテナなどを取り付けたり荷役デリックなどに用いたりする柱状の構造物をいう。

マスト(must)

[名・形動]《英語で「…せねばならない」の意の助動詞から》俗に、絶対に必要であること。欠かせないこと。また、そのさま。「マストアイテム」「マストな一品」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

マスト

必須の、という意味。英語の「must」から来ている。「マスト・アイテム」。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マスト【mast】

舟の帆柱。

マスト【must】

必要なことやもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスト
ますと
mast

船舶の甲板上に立てた柱または門状などの構造物。レーダー、無線機器用アンテナ、風速計、航海灯、信号旗などを設置する。全長50メートル以上の船では、海上衝突予防法によって前部マストと後部マストを設けることになっている。これは、両方のマストに掲げた灯火によって、夜間他の船が船の長さを判断できるからである。レーダーマストは航海甲板かコンパス甲板に別個に設けることもある。一般貨物船ではデリックポストとして使用するので、左右両舷(げん)に1本ずつのポストを立て、上部を連結した門状のマストが多い。
 マストはもともとは帆船で帆を張るために船体に立てた柱である。帆船は多くは4本までのマストをもち、マストの数と帆の張り方によって船型を分類した。大型船では甲板上の高さが50メートルにもなるマストがあった。現在の船でもマストは船の甲板の上で人目をひく背の高い構造物なので、煙突と同様に船体の美観のキーポイントの一つとして設計上重視されている。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マストの関連キーワード切っ立て船檣中心線ボラード立画面幅杭横断節理視距けこみ板制動停止視距

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マストの関連情報