マスマーケティング(読み)ますまーけてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マスマーケティング

大量生産、大量消費時代を象徴するマーケティング手法。すべての消費者対象として大量生産・大量流通・大量プロモーションを単一製品について行なうこと。テレビやラジオ、新聞、雑誌などのマス媒体を活用し、市場全体、一般大衆を対象に広告、流通を展開すること。これまで市場成長期には、最小コストと価格を達成することで最大規模の市場を開発できる手法として有効とされてきた。しかし、インターネットの普及など、消費者の価値観多様化、複雑化している現在では、マスマーケティングの効果は限定的との見方も強まりつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マス‐マーケティング(mass marketing)

多数の消費者を対象に、大量生産による商品を一方的に提供する販売活動。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android