コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マス・マーケティング mass marketing

ブランド用語集の解説

マス・マーケティング

マス・マーケティングとは、大量生産・大量販売・大量プロモーションを前提として、すべての消費者対象に同じ方法で行うマーケティングのことをいう。

マス・マーケティング

マス・マーケティングとは平均的な顧客を対象に、標準化された製品を大量生産・大量流通によって届け、規模経済を追求するマーケティングのことをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

マーケティング用語集の解説

マス・マーケティング

大きな市場全体に対して、単一、大量なマーケティングミックスを展開するマーケティング手法
大量生産によるコストダウン、単一製品による流通の効率化、市場全体に向けた単一的な広告により、市場シェアを一気に確保してしまう戦略。コカコーラなどが有名。セグメント・マーケティング、One to Oneマーケティングと対比されるマーケティング手法です。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

マス・マーケティング

大量生産、大量消費時代を象徴するマーケティングの手法。市場全体(Whole市場)、一般大衆を対象に、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのマス・メディアを活用して大量広告を行い、少数アイテムの製品の大量流通を行う。市場の成長期に、マーケット・リーダー(業界トップ企業)が用いる手法として有効だとされている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

マス・マーケティングの関連キーワードライフスタイル・セグメンテーションワン・トゥ・ワン マーケティングワン・ツー・ワン・マーケティングワン・トゥ・ワン・マーケティングデータベース・マーケティングパーソナル・マーケティングダイレクトマーケティングペルソナ・マーケティングテイラードマーケティングエリア・マーケティングミクロ・マーケティングマスマーケティング販売チャネル顧客情報管理市場細分化CPI

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android