マタチッチ(英語表記)Matačić, Lovro von

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

マタチッチ Matačić, Lovro von

1899-1985 ユーゴスラビアの指揮者。
1899年2月14日生まれ。ウィーン音楽院にまなび,ドレスデン国立歌劇場,フランクフルト歌劇場,モンテカルロ国立歌劇場などの音楽総監督をつとめる。昭和40年以来たびたび来日し,NHK交響楽団の名誉指揮者となる。1985年1月4日死去。85歳。リエーカ出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マタチッチ【Lovro von Matačić】

1899‐1985
ユーゴスラビアの指揮者。ウィーン音楽院に学び,1916年ケルン歌劇場の指揮者となる。ザグレブなどユーゴ各地で指揮をした後,38年ベオグラード歌劇場の音楽総監督。ドレスデン国立歌劇場(1956‐58),モンテ・カルロ国立歌劇場(1970‐78)の音楽総監督などを務めたほか,バイロイト音楽祭はじめ各地に客演。66年以後,NHK交響楽団をしばしば指揮し,その名誉指揮者に選ばれた。ブルックナーチャイコフスキーなどのロマン派の交響曲を主要レパートリーとし,力強い演奏には定評があったが,レハールの《メリー・ウィドー》の演奏においては軽妙でしかも華麗な表現をみせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタチッチ
またちっち
Lovro von Matai
(1899―1985)

旧ユーゴスラビアの指揮者。クロアチア出身。ウィーン少年合唱団を経てウィーン音楽大学に学ぶ。1919年ドイツでデビューしたが、38年には故国に帰って活動、同国の代表的な指揮者となる。第二次世界大戦後、ウィーン、ミュンヘン、ミラノなど各地の歌劇場に客演して名をあげ、56~58年ドレスデン国立歌劇場、61~66年フランクフルト歌劇場の音楽総監督となる。その後ザグレブ・フィルハーモニーとモンテ・カルロ国立歌劇場の音楽監督を務めたが、78年以後は健康優れずフリーで活動、ザグレブに没した。65年(昭和40)スラブ歌劇団と初来日してNHK交響楽団と共演、その後もしばしば来日してN響に客演し、同団の名誉指揮者となった。重厚で説得力のある芸風で、ベートーベン、ワーグナー、ブルックナーに真価を発揮した。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android