コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバガニ マツバガニHypothalassia armata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツバガニ
Hypothalassia armata

軟甲綱十脚目イソオウギガニ科。甲幅 15cm。甲はほぼ四角形で,甲の額縁と側縁,鋏脚,歩脚に多数の黒いとげをもつ。体は淡紅褐色。水深 20m内外の岩礁に生息し,相模湾以南,西太平洋に分布する。なお山陰地方(→中国地方)ではズワイガニをマツバガニと呼ぶ。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マツバガニ

甲殻類イソオウギガニ科のカニ。大型で甲幅15cmほどに達する。甲の前方や前側縁およびはさみ脚の長節,腕節の前節に強い黒色のとげを生じる。色は淡い黄褐色。房総半島以南沖縄までの日本各地の10〜50mの岩礫(がんれき)底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツバガニ
まつばがに / 松葉蟹
[学]Hypothalassia armata

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イソオウギガニ科に属するカニ。水深10~30メートルの岩礁底にすみ、イセエビ用の刺網にかかることが多い。甲幅15センチメートルほどで、甲はやや横長の四角形。前縁および前側縁に近い部分、はさみ脚(あし)、歩脚に強大な黒い棘(とげ)が多数ある。大形の個体ではやや鈍頭となるが、それでも鋭い。房総半島沿岸から琉球(りゅうきゅう)諸島までの各地と南オーストラリアに産するが、あまり多くない。
 なお、鳥取県と島根県では別種のクモガニ科のズワイガニのことをマツバガニとよんでいる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツバガニの関連情報