コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツブサ科 マツブサかSchisandraceae

2件 の用語解説(マツブサ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツブサ科
マツブサか
Schisandraceae

双子葉植物モクレン目の1科。広義のモクレン科に入れられることもある。アジア東部の熱帯から温帯にかけて2属約 50種がある。つる性の低木で,単葉を互生する。花は雌,雄の単性花をつけ,放射相称形で多数 (10枚以上) の花被片をもち,多数のおしべと,やはり 10個以上のめしべとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツブサ科
まつぶさか
[学]Schisandraceae

双子葉植物、離弁花類マツブサSchisandra約25種と、サネカズラ属Kadsura約20種の2属からなる藤本(とうほん)(つる植物)。前者は落葉性で果托(かたく)は著しく伸長するが、後者は常緑で果托は球形。花被片(かひへん)、雄しべ、雌しべは多数が螺旋(らせん)配列し、広義のモクレン目に分類される。雄しべは普通互いに合着する。一般に雌雄異株とされるが、実際には雌雄同株であったり、性転換することもある。東アジアから東南アジアに広く分布し、マツブサ属の1種が北アメリカ南東部に隔離分布する。果実は強壮薬などに利用する。[植田邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone