コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツブサ科 マツブサかSchisandraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツブサ科
マツブサか
Schisandraceae

双子葉植物モクレン目の1科。広義のモクレン科に入れられることもある。アジア東部の熱帯から温帯にかけて2属約 50種がある。つる性の低木で,単葉を互生する。花は雌,雄の単性花をつけ,放射相称形で多数 (10枚以上) の花被片をもち,多数のおしべと,やはり 10個以上のめしべとがある。これらのめしべがそれぞれ球形の核果となるので,房状の果穂,または集合果をつくる。日本ではマツブサ (松房) チョウセンゴミシ (朝鮮五味子) (ともにマツブサ属 Schisandra) のほか,ビナンカズラの名でしばしば栽培されるサネカズラがよく知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツブサ科
まつぶさか
[学]Schisandraceae

双子葉植物、離弁花類。マツブサ属Schisandra約25種と、サネカズラ属Kadsura約20種の2属からなる藤本(とうほん)(つる植物)。前者は落葉性で果托(かたく)は著しく伸長するが、後者は常緑で果托は球形。花被片(かひへん)、雄しべ、雌しべは多数が螺旋(らせん)配列し、広義のモクレン目に分類される。雄しべは普通互いに合着する。一般に雌雄異株とされるが、実際には雌雄同株であったり、性転換することもある。東アジアから東南アジアに広く分布し、マツブサ属の1種が北アメリカ南東部に隔離分布する。果実は強壮薬などに利用する。[植田邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マツブサ科の関連キーワードチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)マツブサ(松房)ビナンカズラ佐禰加豆良真葛・実葛薯蕷汁葛南五味子黒実松房布海苔葛五味葛仙人掌ゴミシ五味子雄しべ松葡萄狭根葛鬢付蔓牛葡萄山黄蓮美男葛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android