コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナグア湖(読み)マナグアこ(英語表記)Lago de Managua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナグア湖
マナグアこ
Lago de Managua

ニカラグア西部にある湖。北西のフォンセカ湾から南東ニカラグア湖へ続く地溝帯内にあり,湖面標高 37m,最大水深 20m。面積 1049km2。周辺の山地から多数の川が流入,南東端からティピタパ川となって流出し,ニカラグア湖へ注ぐ。各種魚類やワニ,淡水産のサメが生息し,漁業が盛ん。南岸に首都マナグアが位置し,北西岸にはモモトンボ火山がそびえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マナグア湖
まなぐあこ
Lago de Managua

ニカラグア中西部にあり、ニカラグア湖に次ぐ同国第二の湖。面積1489平方キロメートル。中央アメリカの脊梁(せきりょう)をなす北・南山系の間の大地溝帯であるニカラグア低地に位置する。南東岸から流出するティピタパ川―ニカラグア湖―サン・フアン川を通じてカリブ海につながる。周辺は同国の代表的な農業地域で、南岸に首都マナグアがある。[栗原尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android