コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニプル Manipur

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニプル
まにぷる
Manipur

インド東端、ミャンマーと国境を接する州。面積2万2327平方キロメートル、人口238万8634(2001)。州都はインパール。西のマニプル丘陵、東のレタ山脈など標高1000~2000メートルの山岳地帯と中央のインパール盆地からなる。もとビルマ(現ミャンマー)領であったが1826年イギリス領インドとなり、独立後は中央政府直轄地区で1972年州に昇格した。住民はチベット、ビルマ系のメイト、ナガ、クキなど焼畑農業を営む山岳民が多い。人口の大半はインパール盆地に住む。気候は温帯から熱帯で、山麓(さんろく)は照葉樹やタケ林が茂る。農業が中心で、盆地の沖積平野や山岳地帯の段々畑で、米、麦、豆類が栽培される。[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マニプルの関連キーワードマハーバンドゥーラマイビ・ジャゴイプーン・チョロムコンバウン朝タイ(民族)ヤンダボ条約アッサム諸族マニプル州ナーガ丘陵アッサム州バジードーインド舞踊ビルマ戦争ベンガル語民族舞踊スルマ川マニプリクキ族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android