コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニプル マニプルManipur

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニプル
まにぷる
Manipur

インド東端、ミャンマーと国境を接する州。面積2万2327平方キロメートル、人口238万8634(2001)。州都はインパール。西のマニプル丘陵、東のレタ山脈など標高1000~2000メートルの山岳地帯と中央のインパール盆地からなる。もとビルマ(現ミャンマー)領であったが1826年イギリスインドとなり、独立後は中央政府直轄地区で1972年州に昇格した。住民はチベット、ビルマ系のメイト、ナガ、クキなど焼畑農業を営む山岳民が多い。人口の大半はインパール盆地に住む。気候は温帯から熱帯で、山麓(さんろく)は照葉樹やタケ林が茂る。農業が中心で、盆地の沖積平野や山岳地帯の段々畑で、米、麦、豆類が栽培される。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニプルの関連情報